FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

休止のお知らせ

訪問と閲覧をありがとうございます。
多忙のため、しばらくblogを休止します。
落ち着きましたら、再開します。

なお、ディボーションblogは、継続しています。
1日1章 いのちのパンを!
こちらをお楽しみ(?)いただければ、感謝です。

God Bless You!!

日記 |

1人にはしない

 北海道の9月とは思えないほど、暑い日となりました。礼拝の中でメッセージの主題に合わせて、「主がここに」という賛美を歌いました。北見では初めて賛美した曲でしたが、皆さんすぐに歌えているようでした。礼拝に初めて来られた方もおられ、感謝でした。以下は礼拝メッセージの断片集です。

20190908
(250字のエッセンスは、コチラ

 1人きりになっているヤコブに対して、天から梯子がかけられました。梯子は普通、高い所に登るためにかけるものです。しかしヤコブが見たのは天から自分に向かって架けられる梯子でした。石ころを枕にするしか無い、何もない自分に、天から梯子が架けられ、御使いが上り下りしているのを見ました。ヤコブを1人にはしない、ヤコブのためならば、天の御使いをも使わす、そういう父なる神の思いがこの梯子にあるのでしょう。



 マタイ18:20で、主イエスは「ふたりでも三人でも、わたしの名において集まる所には、わたしもその中にいるからです」と言われました。主の御名によって集まる主の教会に、礼拝の中に主はおられるのです。教会はキリストの体、血の通ったキリスの体 主の教会に主がおられないことは、あり得ないことなのです。



主がここに

 神のために生きることを土台とする時、それは結果として、他者のために生き、また自分を生きていくということになり、命が生き生きとします。しかし自分のために生きるということが土台になると、残念ながら、全てが崩れていくことになります。なぜなら、人は神のために生きる者として造られているからです。

 神のために生きるということ、それは神と共に生きるということから始まります。神と共に生きることで、神の愛に満たされ、また隣人を愛することになり、人を恨むのではなく愛が心に満ちているという状態は、自分自身にとって幸いなこととなるのです。今週も主なる神と共に生きる、主がご一緒して下さる、そのことを大切にして参りましょう。




(最後に賛美した「善き力にわれ囲まれ」)

(1日1章 エステル5章「怒りに満たされた」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
礼拝メッセージの断片集 |

お持ち帰り

 この夏は、よくステーキをいただきました! と言っても、牛肉のステーキでもなければポークステーキでもありません。我が家はよく山芋ステーキを食べていたのですが、それもご無沙汰しています。この夏のステーキと言えば、ズッキーニのステーキでした。

20190723からし種のズッキーニ
(2019年7月23日 ズッキーニ 清里町の家庭菜園)

 7月半ばぐらいからでしょうか、多くの野菜が教会の中を行き来しています。農家からいただいたものもありますが、それぞれの家庭菜園で実ったものを教会の皆さんにと持って来てくれます。今年はズッキーニの当たり年だったようで(私たちにとって)、よ〜くズッキーニを食べました。ズッキーニってきゅうりのように実ると思っていたのですが、根もとで大きくなるのですね。

 20190804野菜箱
(2019年8月4日 教会の玄関)

 8月最初の日曜日、妻は紋別へ出かける前に野菜を保冷剤と一緒に発泡スチロールの箱に入れて、礼拝に来られた方々が自由にお持ち帰りできるようにしていました。この日は、きゅうり、トマト、ししとう、ピーマンという顔ぶれでした。毎週ということではありませんが、礼拝に来て力をいただき、野菜もお土産にいただけるって、嬉しいことですね。

20190808夕食
(2019年8月8日の夕食)

 私たち2人で食べられないような量になった時、野菜はすぐさま天ぷらにされ、メイン料理へと早変わりします。たくさん作っても、次に日に野菜天丼にすることができますからね。そう言えば、この時に食べたししとうに、口から火が出そうな辛いものがありました(笑)何本かに1本ある大当たりでした。

 さあ、明日は礼拝です。お持ち帰り用の野菜は無いかもしれませんが、神の恵みはもれなく一人ひとりに注がれていくことでしょう♫ 恵みをどこかにお忘れにならないように、きちんとお持ち帰りください。

(1日1章 エステル2章「従うこと」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村
日記 |

3月30日で良かった

 Tさんの誕生日は、3月30日です。日本では、4月2日生まれの人から新しい学年になります。(どうして4月1日からではないのかと思った方は、Google先生に尋ねてみてください!)幼少時の1学年差は、成長段階の発育の差が大きいものです。4月生まれの児童と3月生まれとでは、大きく違ってきます。

 3月30日に生まれたTさんの同級生は、みんな自分よりも先に生まれています。つまり後もう少しお母さんが頑張ってくれて数日後に産んでくれていたら、あるいは出生届を4月2日にしてくれていたら、一つ下の学年になり、成長過程が違ってきたと実感していたそうです。

20190703耳鼻科で
(2019年7月3日 耳鼻科の掲示板)

 先日、耳鼻科で上記の貼り紙を見つけました。「70歳の誕生月の翌月から医療費の窓口負担が2割になります」というもので、本来70−74歳の窓口負担は2割でしたが、特例措置で1割負担になっていました。しかし特例措置を止め、より公平な仕組みにするために本来の2割に戻すという案内です。

 そして次がポイントで、平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方は、何と窓口負担は1割のままでいいですよと記されています。つまり昭和19年4月1日以前に生まれた人が対象となります。そしてTさんは昭和19年3月30日生まれなので、1割負担で良いということなのです。1割と2割、支払う時には倍違うことになります。

 幼少時は確かに発育成長の違いで、確かにハンディを感じたかもしれません。しかし大きな病気をし、医療費もかさばる中で、私たちの羊飼いである主なる神は、Tさんを養ってくださるのです。主イエスを礼拝するTさんが、ひもじい思いをするようなことをさせません。Tさんは、「自分で生んでくれたお母さんとJesusに感謝します!」と話されていました。まさにその通りですね。

(1日1章 エステル1章「見せるため」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |

ツレだから

 7月の出張時ことです。帰りにT先生と羽田空港まで一緒に行きました。T先生はチェックインする時に、普通とは違う保安検査場へ私を連れていきます。そして私の方を指差して「ツレだから、ツレ」と係員に言われました。牧師から「ツレ」と呼ばれたのは初めてでした。私はT先生と「ツレ」だったようです(笑)

 いつもとは違って、特別枠感満載の保安検査場を通った後、「こっち、こっち」と言われるままについていくと、今度はラウンジでした。そして今度も「ツレだから、ツレ」と係員に言われ、私もラウンジに入っていったのでした。

20190702ラウンジ
(2019年7月2日 ラウンジ)

 このラウンジ、飲み物は全てフリーで、おつまみ(柿ピーでした)も食べることができました。軽食のようなものは無かったので、最高レベルのラウンジではなさそうです。しばらくの時間、冷たい飲み物をいただきながら、柿ピーをポリポリと口に含ませ、T先生と地方での伝道について大いに語り合いました。

 T先生の「ツレ」であることに大きな力があるのではなく、T先生の持っておられるカードに効力があるので、特別な保安検査場やラウンジに入ることができたのでしょうね。

 昨晩の祈祷会で心を合わせて、主の栄光が現れるように祈りました。私たちの祈りに効果があるのではなく、私たちとご一緒してくださるお方(ツレ?)、そしてそのお方の名前にこそ力があるので、特別な道が開かれ、幸いな場へ導かれていくことでしょう。

(1日1章 Ⅰテサ5章「識別して」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |次のページ>>