FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

リバーサイド 【No.28】

「リバーサイド」と聞くと、井上陽水の「♪ホテルは、リバーサイド♪」という音楽が流れ始め、懐かしの「ニューヨーク恋物語」というドラマを思い出される方、きっと私と同世代か少し上ぐらいだと思います(笑)

でも、これからはそうではありません。「リバーサイド」と言えば、北見神愛キリスト教会を思い出して下さい!私が名付けたわけではありませんが、北見神愛キリスト教会の名前の前には、「リバーサイドチャペル」という文字が付いています。無加川という川沿いに教会があるということです。正確には、玉ねぎ畑を挟んでの川沿いです。

↓少し前に、土手の上から撮りました。(4月10日撮影)

土手の上から
 今は雪も解け、緑の若草が生えています。川の土手を散歩している方々から、けっこう教会がよく見えるそうです。また自転車で橋を渡ってくる方にとっても、教会が目立って見えます。下の写真は、橋の端(?)から撮ったので、小さくしか見えませんが、だんだんと大きくなり、教会の建物が教会の宣伝をしています。

リバーサイド

 リバーサイドチャペル 北見神愛キリスト教会。これからは、「リバーサイド」を聞いたり見たりしたら、井上陽水ではなく、北見神愛キリスト教会、そして同時に詩篇の1篇を思い起こして欲しいのです。

「悪しき者のはかりごとに歩まず、罪びとの道に立たず、あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。このような人は主のおきてをよろこび、昼も夜もそのおきてを思う。このような人は流れのほとりに植えられた木の時が来ると実を結び、その葉もしぼまないように、そのなすところは皆栄える」詩篇1篇1-3節



 メロディとしては井上陽水ではなく、岩渕まことさんの「主の教えを喜びとし」を思い出して欲しいのです!(YouTubeは、岩渕さんが歌っているのではなく、どこかの教会の賛美風景です)

 「流れのほとりに植えられた木のように、 リバーサイドチャペル 北見神愛キリスト教会は時が来ると実を結び、神の栄光の目撃者とならせていただきたいなぁ」そう思いつつ、散髪屋の帰り、自転車に乗りながら、川のほとりで青く茂り始めている木々を眺めていました。

 後日、丘の上からも教会を探してみました。近くのマンションが目印になるので、すぐに見つけることができました。ちょうど教会の屋根がこちらに向かって反射していました!(矢印の下です)

丘から

日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |