FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

トイレ改修工事⑤「え、まさか!?」 【No.45】

 トイレ改修工事の業者も決まり、日程も決まりました。そんな折、私が留守中にある牧師から電話がありました。その牧師は、私たち夫婦がとてもお世話になり、またいつも私たちのことを気にかけ、祈って下さっている牧師でした。

 妻の話しをまとめると、その牧師の教会では、私たち北見神愛キリスト教会のトイレの状態を聞き、日曜日の礼拝で今まで2回、トイレのために指定献金を募って下さっており、そして次の日曜日にもう一度呼びかけてみます、とのことでした。


 言葉にならない思いでした。


 その教会は、長年もの間、新会堂建築のために祈り、そのために貯え続けていることを私は知っています。本当は少しでも自分たちの礼拝堂のために貯えておきたいはずなのに、それでもこの北見の教会の状況を知り、お祈り下さり、尊い捧げものをして下さったのです。

 私は教団の貸付金を頂き、月々5千円ずつ返済していけばいいと思っていました。私の頭の中は、堅実で着実な返済計画しか練られていなかったのです。しかし、神様のご計画はそうではありませんでした。「え、、まさか!?」と思う神様のご計画、そして兄姉の厚い思いでした。

 結局、教団からお借りしようと思っていたのと同じ額が捧げられました。主管者の先生に、貸付金をお断りする電話を入れて頂きました。

love

 私の中で3つの思いがごちゃごちゃになって混じりあっていました。1つは、反省と悔い改めです。私は自分の小さな頭の中で計画を立てるばかりで、神様が働かれる余地を残していなかったのです。「あなたはわたしを信じているのか?」、強い神様からの迫りを感じました。

 2つめは、捧げて下さった教会の兄姉に対する感謝です。この小さき群れを思って、そこまでして下さることに、ただただ感謝のみです。その後も、匿名で捧げて下さるお方もおられました。またある教会が捧げて下さったのを知って、「私もその輪に加わりたいので、わずかながら」と捧げて下さる方がおられました。つくづく感謝、感謝です。

 3つめは、神様への賛美です。「主の山に備えがある」こと、「主は私の牧者であって、私には乏しいことがない」こと、「神の国と神の義をまず求めなさい。そうすれば全てのものは添えて与えられる」こと、神の言葉は真実で、その成就を体験させて頂き、ただただ神を賛美しています。

 悔い改めと感謝と賛美、この3つは1つなんだなぁと思います。

 しつこく明日に続きます(笑)、⑥「ビフォー・アフター」の巻。

日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |