FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

低温注意報 【No.76】

先週ぐらいから、何度か天気予報で
「低温注意報」
なる言葉を聞いてきました。初耳でした。

低温注意報

気象庁によると、
「低温によって、災害が起こるおそれがある場合にその旨を注意して行う予報」
だそうで、運用基準として
「低温のため農作物などに著しい被害が予想される場合。
 冬季の水道管の凍結・破裂による著しい被害が予想される場合」
と記されていました。

また驚いたことに、各地域によって発表基準が違うようです。
例えば札幌では、
「5月-10月:(平均気温)平年より5℃以上低い日が2日以上継続」、
「11月-4月:(最低気温)平年より8℃以上低い 」
ということでした。
(参照HP:http://www.weather-service.co.jp/Public/cts0004/weather/wrng/teionchu.html)

これで、7月なのに時々暖房を入れほどの冷たさは、
例年よりも5℃以上も平均気温が低いためであることが分かりました!

ちなみに東京では、
「夏期:平年より5℃以上低い日が3日以上続いた後、さらに2日以上続くとき 」、
「冬期:-7℃以下。多摩西部 -9℃以下」
だそうです。

そして私が住んでいた大阪では、
「-5℃以下」となっていました。
どうりで、大阪では「低温注意報」なんて聞いたことがなかったはずです。

「一日に何度もシャツを替える」、「セミが鳴いている」、
「快眠マットを買おっかな」、「暑い選挙戦に突入」、「海開き」・・・、
そういう本州の声が「ほんとかな?」といぶかしく思うほど、
「低温注意報」発令中の大地で生きています、はい。



日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |