FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

コスモスと毒麦 【No.79】

5月の終わり、草抜きをした小さな花壇にコスモスとヒマワリの種を植えました。
北海道って不思議さなところで、コスモスもヒマワリも一緒に咲いているんです!
面白いでしょう?

↓しばらくした6月の初めに、小さな芽が出てきました♪
毒麦?

発芽する嬉しさも束の間、少々困ってしまいました。

「どの芽がコスモス?そして雑草?」

コスモスとヒマワリは違う列に植えたので位置で分かりますが、
雑草なのか、それとも育てたい芽なのかが分からなかったのです。

そこで思い出したのが、主イエスの「毒麦」のたとえ話しです。
良い麦の中に毒麦が撒かれてしまい、毒麦を抜こうと思うのですが、
良い麦までも一緒に抜いてしまうことになるから、そのままにしておきなさい、
そういうたとえ話しです。

時々、このたとえ話しを思い出します。
人の欠点や間違いを指摘したり、責めたりしたくなる思いが湧いてきます。
しかし「毒麦」を抜こうとして「良い麦」までも抜いてしまうことにならないか、
そういう聖書の言葉を思い起こし、言葉を飲み込むことがあります。

収穫の時になってみないと、良い麦か毒麦なのか、分からないのです。
同様に、長い目で愛をもって見ていないと、
良いものまで摘み取ってしまう危険性があるのでしょう。
だいたい、自分こそ「良い麦と毒麦とを見分けることができる」、
そういう思いこそ、心の中に毒麦のようなものが混じっているのかもしれません。

コスモスとヒマワリ2

花壇のコスモスとヒマワリも、成長するに従って
明らかに雑草とは違うということがよく分かります。

コスモスとヒマワリ

先週、初めてコスモスが花を咲きました!
本州では真夏というのに、私の花壇ではヒマワリよりも先にコスモスが咲きました♪
「発芽した時、私に抜かれなくて良かったね」と思いつつ、
最初のコスモスを眺めていました。

コスモス



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |