FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

玉ねぎ 【No.90】

日本一の生産量を誇る北見の玉ねぎ。
全国的にも日照時間が長く、盆地特有の寒暖差の大きい気候、
この差が玉ねぎの甘さをひきだしているそうなのです。

しかし6月下旬に、大きな雹(ひょう)が降り、
玉ねぎ畑を直撃し、葉が折れていると全国ニュースで流れました。

折れた玉ねぎ

近くに行ってみると、ネギ科(そんなのある?)独特の臭いがしていました。
この6月の巨大雹による被害も大きかったようです。

さらに日照時間の長さが甘い玉ねぎを育てるはずなのに、
今年は、梅雨がないはずの北海道なのに長雨が続きました。
その結果、葉が倒れてしまっていると、これも先週の全国ニュースで流れていました。

たまねぎ

インタビューで農家の方が、
「親父の時代には100年に一度と言われていた天候不順が、
このところ毎年のように起こっています。どうしたものやら・・・」
というようなことを言われていました。

「地球温暖化」と一言で私は片づけるつもりはありません。
今、時間のある時に「環境問題」の裏側について書かれた本を読んでいます。
「エコ」「地球温暖化」「CO2削減」など、もっともな事のようで、
実は「そうではない」ということも知っておきたいと思っています。

ともあれ、農家の方々には大変なことだと思います。
以前、台風でも木から落ちなかったリンゴが、
受験生などに高く売れたことがありました。

同じように、大きな雹にも負けず、長雨にも負けず、
それでも成長して実を結んだ北見の玉ねぎを、
今年は十分に味わいつついただければと思っています。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |