FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

大雪警報① 【No.204】

先週の月曜日から金曜日まで、
「充電」の意味も込めて登別方面に夫婦で出かけていました。
このこと自体はとっても良かったのですが、
よりによってこの間、道東地方に大雪警報が発令されたのです!?

出発前から少々心配はしていたのですが、
不安的中でした・・・。

途中、信徒の方に教会の様子を見に行ってもらい、
写メールで積雪の状態を送られてきたのを見て、
「これだったら、大丈夫だなぁ」と思っていました。

ところが連日のような大雪警報、そして全国テレビでも報道され、
またある方のメールによってストーブの排気口が雪に埋もっていないか、
とても気になり始め、妻は「充電」どころではなく「心配」が満タン状態でした(笑)

マイナスの気温になると、機械関係の故障だったり、観葉植物も枯れ始めるので、
思い切って低めの温度で暖房を礼拝堂だけ点けっぱなしで行ったのです。
(本州の人間にとって、暖房を点けっぱなしは結構勇気がいります!)

早速、ある方が排気口の様子を見に行ってくれまして、
「まだまだ大丈夫ですよ!」との連絡に胸を撫で下ろした次第です。
メールをくれた方、見に行って下さった方に、ただただ感謝です。

金曜日は夕方の4時ごろに北見に到着し、積雪の雪だけではなく、
除雪車によってかき分けられて堤防のようになっている雪の山を、
2時間、「夫婦でふうふう言いながら」(S道先生ギャグです・・・)運びました。

大雪

途中、近所のおじさんが「手伝うよ!」とスコップを片手に来られたのですが、
「いやいやいやいや・・・」と何回「いやって言うねん!」という勢いで、
ありがたい申し出を感謝しつつ辞退しました。
私が大阪出身なので、初めての北海道の冬を心配して、
親身になってくれたんだろうなぁと思います。ありがたいことです。

【教訓】
 ・この時期は、夫婦そろっての泊まりがけでの外出は控える。
 ・雪かき道具は、全部ガレージにしまわない。
  (積雪のためにガレージまで行けない!)

少しずつ慣れていくのでしょうね♪
良い思い出です。


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |