FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

想定内、想定外 【No.208】

ホリエモンとは、同じ年齢なんです、実は。
他にも有名人で同じ年齢の人は山ほどいるのですが、
今日はホリエモンこと堀江貴文氏のことを少し取り上げます。

2005年、彼がニッポン放送株取得のことで、
フジテレビと番組の降板やら何やらと騒動があった時、
「想定の範囲内」という言葉を使っていたことが話題になりました。
そしてこの年の流行語大賞に彼の「想定内(外)」が選ばれたと思います。

経営者は、あらゆる不測の事態に対処することが求められるでしょう。
それは不測なのですけれども、
その不測をもある程度「想定」しておくこと、
これが経営者やリーダーに求められる資質だと思います。

ホリエモン

普通の人にとっては不測である事態を想定し得る限り想定し、
そして事が起こった時には、大きく構えて慌てず、
周りにいる人たちに不安を与えず対処していく、
それがリーダーでしょう。
そういう意味では「想定内」ということも大切でしょう。

しかしキリストを信じる信仰者は、「想定外」という恵みがあります!
自分の小さな頭では想像もすることが出来なかった驚くべきことを、
神様が計画し、体験させて下さるということです。

  「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、
   そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。
   神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、
   みなそうである。」 Ⅰコリント2:9

まさしくこれが、想定外の恵みでしょう。
私たちの信じている神様はあまりにも大きくて、
まさに測り知れない恵みを体験させて下さるのです♪

2010年、今年もいろいろあるでしょう。
嫌なことも、しんどいことも、相変わらずあるでしょう、残念ながら。
しかし聖書に登録されていない艱難(かんなん)は、1つもありません。
全て聖書に登録されているんだ、
「想定内だ」という信仰のゆとりを持つことができれば嬉しいですね。

そして新しい2010年、神様は私たちの教会に、家庭に、職場に、
私たちが想像もしなかった素晴らしい「想定外」の恵みを用意されている、
そういう期待をもって過ごせたら感謝ですね!

以上のようなことを少しだけ礼拝で分かち合いました。
すると礼拝後にある方が、
「先生はホリエモンと同じ年齢なんですか。
 そう言えば似てますねぇ」と言われました・・・。
体型のことですか????(笑)


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |