FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

いつまでも残るもの 【No.249】

親しくしている方のおばあちゃんが、天に召されました。
97歳だったそうです。
ご家族の慰めをお祈りする中で、
聖書の言葉を思い出しました。

 「私はあなたの純粋な信仰を思い起こしています。
  そのような信仰は、最初あなたの祖母ロイスと、
  あなたの母ユニケのうちに宿ったものですが、
  それがあなたのうちにも宿っていることを、私は確信しています」
                     Ⅱテモテ1:5

きっとおばあちゃんは、子どもたちや孫のことを思いながら、
その成長をそして祝福を、心からそして信仰をもって
神様に祈っていたことだろうと思います。

そしてこのおばあちゃんは、
イエス様を信じて洗礼を受けていたと聞きました。
死は終わりではなく、やがて天国でもう一度出会うことができる、
悲しみの中にも希望という慰めがあったことだと思います。

また祖父母にとって孫の存在というものは、
手放しで可愛いと言います。
きっとこのおばあちゃんからいっぱいの愛を頂いたことでしょう。

信仰、希望、愛は、いつまでも絶えることはありません。
(Ⅰコリント13:13)

復活

もうすぐ雪が解けて、イースター(復活祭)を迎え、
主の復活をお祝いする日がやってきます。
復活の主の慰めと平安を引き続きお祈りしています。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |