FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ギフト 【No.287】

今年は私たち夫婦にとって節目の年なので、
早くから妻に「お世話になったあの方とこの方に送っといて!」と、
カタログギフトを贈るように頼んでいました。

しかし何度か妻に催促をするのですが、
いっこうに送る気配を感じられません。
どうやら少々「もったいない」気分が出ているようでした。

妻が家計を握っている、否、管理しているので、
そう思うのも無理なからぬものかもしれません。
男性は、どこからともなくお金が出てくるような意識があります・・・。

gift

それでも私は、以下のように妻に言いました。
「毎年のことじゃないし、感謝できるうちに感謝をしとかないと
 あの時こーしてたら良かった、ということにもなるよ」

そして、しぶしぶ妻を納得(?)させた後に、
カタログ2冊分のお金を私は自分のヘソクリから持ち出しました。
「え~、いいよ~」と言いながら手を伸ばす妻(笑)
(ヘソクリは、そろそろ底を尽きそうです・・・)
そして感謝の気持ちのメッセージと一緒に、カタログギフトを贈りました!

それから1週間後ぐらいでしょうか、
私の母から妻の携帯に電話がかかってきました。
しばらく話しをする中で、妻は何度も母にお礼を言っています。

電話の後「どうした?」と聞いてみると、
「お母さんが、頂きもののカタログギフトを送ってくれるって!」
とのこと。しかもちょっと高級なカタログギフトらしい♪

↓そして届いたのが、こういうカタログギフトでした↓
カタログギフト

今までにもらったことのないタイプです。
皮(合成?)表紙で、中にはたくさんの品物がカード写真に収められ、
選び終わったらアルバムとして使えるものだそうです。

しかも中の品物を見ていると、
私たちが贈ったカタログギフトの品物とは明らかに違うものが並んでいました!
とっても豪華っぽいものでした♪

こうやって倍以上になって返ってきたからというわけではないのですが、
感謝を表すことは差し控えない方が良さそうだということを学びました。
もちろん、両親とはありがたいものだなぁと思います、はい。

やはり感謝は感謝を生みだし、不平は不平を生みだします。
感謝しながら日々を過ごしたいです♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |