FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ペンテコステの日に 【No.300】

今週の日曜日は、ペンテコステの日(聖霊降臨日)でした。
クリスマス、イースターと並ぶキリスト教の3大祝祭のはずなのですが、
どうも「クリスマス>イースター>ペンテコステ」の図式となっているようです。

クリスマス礼拝では、クリスマスの賛美が歌われメッセージが語られるように、
おそらくペンテコステ礼拝では、ペンテコステの賛美が歌われ
ペンテコステのメッセージが語られているのだろうと思います。

ペンテコステ

私が今まで忘れられないペンテコステの日は、
礼拝の後である方とお話しをしている時の出来事でした。
教会に来て間もないその方とお話しをしている中で、
すっと私の口から以下の言葉が出たのです。

「○○さん、イエス様を信じていきませんか?」

すると○○さんは、「あ、はい」と言われたのです!
自分で勧めておいて何なのですが、私の口から出た予定外の言葉に、
○○さんはも素直に応答されたのです。
そしてその場で、主イエスを信じて受け入れる祈りを捧げました。

その日の夜、その日がペンテコステの日であることを思い起こしました。
ペンテコステの日って、聖霊に満たされるということや
教会の誕生という意識が強かったのですが、
使徒2章では引き続いて3千人もの方々が主イエスを信じ洗礼を受けたのです。

そんなペンテコステの日に、○○さんがイエス様を信じる決心をしたことが、
聖書の通りでとっても嬉しかったことを思い出します。

「聖霊によるのでなければ、
  だれも、『イエスは主です。』と言うことはできません」
                    Ⅰコリント12章3節

それから○○さんは数ヵ月後に洗礼を受け、
確かその年に教会で結婚式を挙げられたと思います♪
2人の可愛いお子さんは元気にしてるかなぁ?

さて今年の私たちのペンテコステ礼拝は、ペンテコステの賛美を歌い
「使徒の働き」からのメッセージを分かち合いました。
これと言って特別なことはしなかったのですが、
ペンテコステの日らしいもの(?)を礼拝後にいただきました!

鳩サブレ

Sさんが、実家に帰ったお土産ということで持ってきてくれていました。
「聖霊が鳩のように」と聖書に記されていることから、
鳩は聖霊のシンボルのようなものとしても紹介されます。
もちろん「たまたま」の「鳩サブレー」なのですが、
ペンテコステの日にみんなで美味しくいただきました♪





日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |