FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

賛美集 【No.316】

教会は、どんな時でも神を賛美します。
礼拝や祈祷会はもちろんのこと、結婚式や葬儀でも賛美します。
嬉しい時も悲しい時も、それでも神を賛美する、それが教会です。

そんな教会の賛美集を妻が昨年、7部作成しました。
司会者と奏楽者用以外に5部という想定です。
当時は私たちを含めて3人か4人で礼拝を捧げていたので、
とりあえず完全数の7部(?)を作成しました。

この賛美集、教会を訪れる方々に好評で、何人かの方々から「欲しい」と言われたのですが、
賛美集作成にけっこうな労力がかかったので、妻は首を縦に振りませんでした。

賛美集

しかし先日訪れてくれた宣教師に、とうとう1部をプレゼントしたようです。
最初はいつものように断ったようなのですが、
その宣教師は「夜中に戸を叩く人」のように求め続けたようです(笑)

「アメリカにいる日本人が、英語の賛美ばかりを好んで
 日本語の美しい賛美を歌わないのです」、
などなど切実に訴える宣教師に心が動いたようです。
「宣教のために用いられれば」と捧げたようです。

そして最近は賛美集の数が足りない時もあった上に、
さらに1つ少なくなったので新たに妻は5部作成しました。

(もちろんプロジェクターに歌詞を映し出しているのですが、
 知らない賛美が多いようでオタマジャクシを見ながら賛美したいようです)

結構な労力をかけながら、再び賛美集を作成している妻のために、
私は賛美集を収納できる本立てを作成しました。
中学校の技術の時間に作った本立てのようなものです。
もちろんいつものようにガレージに眠っている廃材を利用して!

本立て

rの部分(カーブの部分)が、ちょっと歪んでしまったことは触れないで下さい(笑)
上段には貸し出し用の聖書と聖歌を置けるようにしました。
これによって受付のテーブルのスペースが、保たれました♪

本立て②

昭和の雰囲気が漂う本立てですが、賛美集もすっきりと収まったので、妻も喜んでいます。
かかった本立ての費用がビス代の150円だけだったから喜んだのかも?


日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |