FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

海老蔵? 【No.354】

先週、私たち夫婦が出張で出かけている間、
助っ人として遣わされた神学生は、ほんとによくやってくれました!

隣地の草抜き、天井裏に入って断熱材(グラスウール)を敷き、
トラクト配布、礼拝での救いの証し、ゴスペルでのショートメッセージ、
留守の間のⅡ礼拝の司会&メッセージ、祈祷会での司会&メッセージ、
会堂清掃、車の洗車、洗いもの、・・・・けっこう盛りだくさんでした。

どの奉仕をとっても、私たちが指示したこと以上のことをしてくれました。
(これを「2マイルの信仰」マタイ5:41と言います)
そして奉仕が終わると「他にすることはありませんか?」と尋ねるのです。
私が神学生の時は、ここまで出来ませんでした。

海老蔵?

一番驚いたのは、私の妻です。
妻は高校生時代の彼をよ~く知っているのです。
「神様は生きておられる!」そんな驚きだったようです。

最後に一緒に祈っている時など、大粒の涙を流しているのですから、
完全に母親のような気持ちになっているようです!

私も個人的にいろいろとお交わりをさせて頂きました。
上辺だけではなく、見つめなければならないことをしっかりと見つめている、
そんな印象を持ちました。

私は「信頼の勝利」だと思います。
神をどこまでも信じ信頼し、何がっあっても息子を信頼し続け、
「ドラムを叩くドラ息子」のために祈り続けた、そういう信頼の勝利だと思います。
神との関係も人との関係も、信頼関係(信仰関係)だなぁと強く思うのです。

神学生派遣の様子を教会の掲示板に貼った紙に、
以下のように記しました。

「アフリカの現実と満天の星を見て神を思い、
 十字架を背に神を証しし、

 雑草のようにタフでラフな信仰が育まれ、
 ゴスペルで神を賛美する喜びを伝え、
 
 誰よりも何よりも○○先生を驚かせた、
 その名は海老蔵、否、○○○神学生!」

ちょい海老蔵似なんですよね~。
眼鏡をかけると桂小枝似になるから不思議です~(笑)




日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |