FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

2010年CAキャンプ③ 【No.363】

今回のCA(青年)キャンプでは、中高生と合同の集会が1回ありました。
その名も「CHA CHA チャレンジ!」ということで、
中高生の講師であるC宣教師がミャンマーでのことや、
日本での宣教の様子を語ってくれました。

C宣教師は、8歳の頃から牧師であるお父さんのメッセージを覚えて
みんなの前で語っていたこと、ナガ族という部族へ宣教に行ったこと、
とってもリアルで楽しくて驚かされて、神様って素晴らしいなぁと思いました!

関東の教会の皆様は、O先生夫婦を青年の集会に呼ぶと良いです!
彼らは教団の財産です!
神様の恵みの広さ深さとリアルさが、とってもストレートに伝わってきます♪

CAキャンプ④

私が驚いた1つのことに、ミャンマーでは今も時々牧師がいなくなるそうです。
いなくなるというのは失踪したとか、蒸発したということではありません。
6ヶ月経っても帰って来なかったとしたら、
軍事政府によって処刑されているようです・・・。
この21世紀の同じアジアでの出来事です。

中高生は長い集会は無理だろうと2時間でくくっていたのですが、
海外宣教師の決心者を募ったり、4組の宣教師のため祈ったり、
C宣教師やO先生のために祈ったりしていると3時間が経っていました。

長く感じた中高生もいたようですが、
涙を流しながら「私を用いて下さい!」と祈っている中高生もいました。

CAキャンプ④

O先生は、ヨナ書を通して3回のメッセージが語ってくれました。
たくさんのことを教えられたのですが、
私が個人的に励まされた御言葉があります。
それはヨナ書の一番最後です。

 「主は言われた、
  『あなたは労せず、育てず、一夜に生じて、
   一夜に滅びたこのとうごまをさえ、惜しんでいる。
   ましてわたしは十二万あまりの、右左をわきまえない人々と、
   あまたの家畜とのいるこの大きな町ニネベを、惜しまないでいられようか』」
                      ヨナ4:10-11

メッセージの中での中心句ではなかったのですが、
この言葉は私を強め励ましました。
なぜならニネベの町が12万人あまりとあるからです。
そう、今私がいる北見の人口も12万人あまりなのです!!

そうだ、神様はこの12万人あまりの北見の人々を愛しておられる、
そういう大きな大きな主の御心を改めて掴むことが出来ました。

毎年毎年キャンプに参加していますが、
2010年のキャンプは忘れられないキャンプとなりました♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |