FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

いつまでも 【No.390】

日曜日の礼拝の中で敬老者祝福式を持ちました。
本当はもう1週間前に行うつもりだったのですが、
用事で休まれたためにこの日に行いました。
私が式文を読み、聖書の言葉を朗読し、祝福の祈りを捧げました。

敬老祝福式

祈りが終わった後、80歳のIさんは現在の心境を
暗唱されている御言葉で表現されました。

  「我 裸にて母の胎を出でたり、
  また裸にて彼処(かしこ)に帰らん。
  主 与え 主 取りたまうなり、
  主の御名はほむべきかな」   ヨブ記1章21節


挨拶を事前にお願いしていたわけでもないのに、
こういう御言葉をしかも含蓄のある文語訳で語られた姿に感動しました。

敬老祝福式②

教会からおまんじゅうらしきもの(?)をプレゼントしました。

いつも美しいテナーで賛美を歌われるIさん、
礼拝を大切にし、遅刻することなく娘さんと共に笑顔で集われるIさん。

歳を重ねて、あんなに素敵な笑顔を表現できる人でありたいなぁと
私たちの良き模範になってくださっています。
これからも身も心も魂も健やかであることをお祈りしています。


日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |