FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

12月12日【No.442】

明日は、12月12日。
昨日発表された今年の漢字「暑」は、12月12日が漢字の日だから、
毎年この時期に発表されているそうです。

何年か前の12月12日、当時高校生の女の子と一緒に洗礼準備講座をし、
日曜日の朝早くに感動の洗礼式を持ったことを覚えています。
教会学校から育ったので教会学校の子どもたちの前で洗礼式を行い、
子どもも大人も共に神様の聖なる臨在に浸りました。

またその何年か前に、ある牧師の「生前葬」なるものが12月12日にもたれ、
「生前葬って何だろう?」と思いながら出席したのを覚えています。
どうしてその牧師は12月12日を選んだのかと言うと、
その日が自分の結婚記念日だからと言われていました。

そして明日の12月12日。
アドヴェント第3週の礼拝の中で、洗礼式がもたれます!
私たち夫婦が北海道・北見に来て初めての洗礼式です♪

(私個人としては、昨年初め大阪での洗礼式以来で、
 伝道者としてこの上ない喜びに包まれるひと時です)

baptism in 2010

○○さんは、伝道師である私の妻と洗礼準備講座を続け、
昨日、私を含めて最終的な確認と祈りの時を持ちました。

「私のような者が、本当に洗礼を受けても良いんですか?」

正直な思いを吐露されました。
私は以下のように答えました。

「もし○○さんが『自分は洗礼を受けるにふさわしい人間だ』、
 そう思われていたら私たちは洗礼をお勧めしていません。

 洗礼を受けるただ1つの条件は、イエス・キリストを救い主と信じている、
 これだけです。○○さんは、信じていますよね!  

 清く正しく完璧だから、そうなったから洗礼を受けるのではなく、
 自分は罪人で、自分で自分を変えることが出来なくて、弱くて、
 だからこそ救い主のイエス様が必要です。
 
 イエス様が救って下さる、イエス様を信じ続けます、 
 イエス様よろしくお願いします、それが洗礼式です」

や、や、や・・・涙を流される○○さん。
その涙は明後日の洗礼式の時でも良いのですが、
洗礼式を前に大切な確認をすることができた主にあるひと時でした。

明日12月12日。クリスマスの意味を噛みしめながら、
○○さんは、救い主イエス・キリストと共に
「イチ(1)、ニ(2)、イチ(1)、ニ(2)」と歩んでいかれます。
大きな喜びが、○○さんに、私たちの教会に、この街に訪れます♪

「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。
 きょうダビデの町に、あなたがたのために救主がお生れになった。
 このかたこそ主なるキリストである」  ルカ2:10-11

 
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |