FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

言い過ぎちゃいました

私が何となくほのぼのとした気持ちになるサンゲツのCM。
子ども独特の歌声ということもあるでしょう♪



「このへやの かべがみはね~
 気になっちゃう においを~ 消しているんです~
 
 『臭って悪かったね』
 『言いすぎました』

 このへやの かべがみはね~
 よごれたとこを かんたんに~ 落とせるんです~

 『やりすぎました』

 サンゲツのきのうせいかべがみで~
 くらしはもっと かいてきにぃ~~(裏声)

 『やりすぎちゃいました』    サンゲツ~♪」


このCMを大人がほのぼのとして見ているのは、
きっと大人の求める「子ども像」が描かれているからだと思います。

元気でわんぱくそうなんですが、
ちゃんと「やりすぎちゃいました」と言えるところ、
そういうところがカワイイなぁと思います。

でも子どもって、こんなに素直に謝らないですよね~。
献金袋を破いた2歳の女の子に(これで2度目)、妻がしっかりと向き合い、
「ごめんなさい」を言うまで1時間以上かかりました(笑)

妻も根負けせずに、嫌われるのを覚悟で向き合っていました。
それ以降、妻になついているのも不思議なものです。

それにしても「ごめんなさい」が言えないのは、原罪のせいでしょうか?
謝れないのは、やはりアダムとエバ以来、大人も子どもも同じでしょうね。

私などもサービスのつもりでよく冗談を言うのですが、
「言い過ぎちゃいました」と謝らなければいけないことがあります。

サンゲツの男の子のように、明るく元気にのびのびとして、
失敗した時や間違った時は、「やりすぎました」と素直に頭を下げる、
そういう姿を見習わなきゃと思います!



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |