FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

㐂び(喜び)の歳

今回の祈祷聖会、毎年のように共に祈る方々もおられ、
もうすっかり顔なじみで「祈りの友」という感じがします。
私は旧の祈祷聖会から参加して10年になり、
毎年お会いしている方もおられます。

そして今回は、初参加の方が何名もおられました。
参加者1人1人がそれぞれの思いを抱えながら、
神様の御声を聞くために祈りの山に登られています。

千葉から77歳のご婦人が、1人で参加されました。
千葉の教会の牧師から「私たちより元気だから!」と聞いていましたが、
元気も元気も、お見事なぐらい健やかに歳を重ねられています。

77歳

今回は特別に「聖霊のバプテスマ」を求めている方のために、
J先生がお勧めをして下さり、祈りを導いて下さいました。
素直に手を上げ、聖霊の満たしを求めて祈り始めた77歳のご婦人は、
素直に神様が語らせるままに異言で神様を賛美し始めました!

皆さんの前で語る証しを聞くと、娘さんを先に天国へ送られたり、
77歳の生涯の中でいろいろなことがあったようです。
それでも娘さんが信じていた同じ主イエスを信じて洗礼を受け、
喜寿を迎えた77歳で、聖霊のバプテスマを受けました。

天国にいる娘さんの生前の祈りは、不思議な形で実を結び、
今度はこのご婦人が人々のために祈る器になっています!

喜寿(㐂びの歳)・・・御霊の実である喜びが、
ご婦人を通して多くの方々に届けられていくでしょう。

無事に帰ることが出来たかどうか、体調はどうだろうかと心配しつつ、
北海道に戻ってきた夜に千葉の牧師へ報告を兼ねた電話をかけました。
すると「元気に帰ってきたよ。今朝の祈祷会で証しをしてくれてね」、
ということでした。

まだ30代の私が「長旅で疲れた・・・」、何て言ってられません(笑)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |