FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

Ⅱ歴代誌を読み終えて

教会の聖書日課「1日1章 いのちのパンを!」で、
今週、Ⅱ歴代誌を読み終えました。

聖書は啓示(神の言葉)の書ですが、
列王記や歴代誌を歴史書として読んでも非常に興味深いものです。

流行りの「歴女(れきじょ)」の皆さんが、聖書の歴史書に興味を抱くと、
大河ドラマなどでは比べものにならない深さを感じるでしょう。
誰か「三国志」のように、Ⅱ歴代誌を脚本化して欲しい!

エルサレムが・・・

さてたくさんのことを学んだⅡ歴代誌から、
「神の力と神の助け」に関する言葉として、
神学的・信仰的にはもちろんのこと、
修辞的(表現として)にも心に残る言葉が幾つもありました。

時にアサはその神、主に向かって呼ばわって言った、「主よ、力のある者を助けることも、力のない者を助けることも、あなたにおいては異なることはありません。われわれの神、主よ、われわれをお助けください」Ⅱ歴代誌14:11


ある牧師がこう記していたのを思い出します。
「100+∞(無限大)も、1+∞も答えは同じ」

立派な信仰を持ち、豊かな賜物がある人を助けることも、
「自分はこんな弱さを抱えている小さい者です、主よ助けて下さい」
と言わざるを得ない人を助けることも、神様には変わりません!

主の目はあまねく全地を行きめぐり、自分に向かって心を全うする者のために力をあらわされる。今度の事では、あなたは愚かな事をした。ゆえにこの後、あなたに戦争が臨むであろう。Ⅱ歴代誌16:9


いつも心にとめておきたい主の言葉。
私たちが願うとおりに神の力や助けが与えられるわけではありません。
神様と心を1つにしようとする者に、主の力はあらわされます!

「今度の事では・・・」とアサ王は言われました。
「今、私がしようとしていることは」、どうだろうか。
主と心を1つにしているだろうかと問われます。

もしあなたがこのような方法で戦いに強くなろうと思うならば、神はあなたを敵の前に倒されるでしょう。神には助ける力があり、また倒す力があるからです。Ⅱ歴代誌25:8


今回、改めて驚きつつ心にとめた主の言葉の1つです。
「え~、神様の力って助けるだけじゃなくて、倒すこともあるの!?」
そうなんです。これは聖書全体の真理です。

基本的に神様の力は、神様の栄光が現れるために、
神様ご自身のために発揮されるものです。

ということは、私たちの計画やビジョンを達成するために
神様の力が私たちへの助けとなって発揮されるのではないのです。

しか~し、そう、しかしです。
神様の栄光が現わされるために(「神様って素晴らしい!」という業)
神様の偉大な力が発揮される時、
それは私たちにとっても幸いなものなのです!

たとえ私たちの思いや計画、ビジョンが倒されたとしても、
神様の偉大な力は、神様の栄光のために発揮されると信じる者に、
思いをはるかに超えた主の御業を体験させて頂けるのです♪

心を強くし、勇みたちなさい。アッスリヤの王をも、彼と共にいるすべての群衆をも恐れてはならない。おののいてはならない。われわれと共におる者は彼らと共におる者よりも大いなる者だからである。Ⅱ歴代誌32:7


恐れがあるのは、神様を小さくしているからでしょう。
偉大な神様、全てを支配しておられる神様が共におられる、
そう信じきることの幸いを改めてかみしめています。

以上、Ⅱ歴代誌から学んだ「神の力と助け」に関することでした♪
明日の礼拝で、偉大な神の思いと自分の思いを1つにさせて頂きたい、
そして共におられる主を心から賛美したいと思います。



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>