FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ドアの修繕①

礼拝堂の真中あたりにあるキッチンへ向かうドアを、
夏になると風を通すために開けっぱなしにしています。

しかしそのドアの反対側の汚れがひどくて気になっていたのです。
お客様が来られるのが契機になり、先週久々のDIYをしました♪

ドア①

まずはドアノブを外します。
いつも思うのですが、ドアノブの構造って不思議です。
考えた人は天才だと思います。

私はその構造がよく分からないのですが、
とにかくマイナスドライバーをコチョコチョと入れると
外れてくれるので本当に不思議です。

ドア②

実はこのドアは、昨年の冬に物置にあったものを取り付けました。
それまでは暖簾(のれん)が掛かかっているだけでした。
その理由は、前任のK先生が外されたからです。

ある日K先生が台所に入ろうとすると、ドアが開かなかったそうです。
しばらく格闘されたようですが、やはり開かなかったので、
ドライバーを持ってきて無理やりこじ開けたそうです(笑)

台所に入れないことは、死活問題ですよね~、ピンチ!
K先生が汗をかきながら格闘している姿が目に浮かびます。
それ以来、台所に入るドアは取り外されたままでした。

しかし、やはり冬は台所から冷気が入ってきます。
足元の寒い冬の礼拝は、環境として「so bad」です。
そこで昨年の冬、他のドアノブと交換し、ドアを付けました。

ドア③

しかし上の図のように、K先生が格闘した痕が残っています。
ここが目立たないようにシールを貼ったりしたのですが、
2歳になるSちゃんが、何度もシールを剥がすのです・・・。

剥がされては貼り、剥がしてはいけないことを教え、
しかしまた次の週に剥がされるの連続でした(笑)
38歳の私は2歳児に根負けし、もう貼るのを諦めました。

しかし今回ドアの修繕にあたり、
38歳の人生経験が2歳児に勝ることを示すため、
知恵の限りを尽くしました(笑)
(続きは明日!)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |