FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

触発されて

職人さんが一生懸命に仕事をされている姿を横目に見ながら、
私のDIYスピリットも刺激されてきました。

1Fのトイレ工事の時にもしたのですが(「内装」)、
トイレのドアクロスを新たに貼り替えることにしました。

しかも予算を削減するために、1Fのトイレと同じクロスにし、
前回の残りの切れ端をドアの内側に貼ることにしました。
切れ端を「何かで使えるかも」と残していて正解でした♪

ドアのクロス貼り

私がクロス貼りをしている様子を、何人かの職人さんが見られるので、
「素人仕事で恥ずかしいので、そんなに見ないで下さい・笑」と言いました。

すると職人さんは、「こういうドアクロスって意外と難しいですよね。
エアーが入ってしまいやすくて。なかなか上手にされていますねぇ」、
と言ってくれました。

職人さんに褒められてとっても気分を良くしたのと(笑)、
職人さんとの距離も以前よりぐっと近づいたことが感謝でした♪

ドアのクロス完成

恐らく40年以上前のドアクロスでしたが、
1日弱かけて2枚のドアが裏表ともに新しくなりました!

しゃがみ込んで、切り貼りを長時間したせいか、
お尻の筋肉(?)が2~3日の間、痛くて痛くて・・・。
普段の姿勢と違うからかな???

トイレの敷居と階段の化粧板

そしてトイレ工事が終わった後は、ドア回りの木の縁、
敷居、階段の化粧板(?)などをペンキで塗りました。
せっかくトイレが新しくなるので、その周辺も美しくしないとね。

こういう作業、私が自主的にするのですが、妻に見せると、
「あら~、とってもキレイになった!!!」と喜んでくれます。

夫の仕事を喜んでくれるので、単純な私は単純に喜び、
「よし、また今度もやろう。もっとキレイにやろう!」と思います。

「もっとこうした方が良かったのに・・・」、
「あそこはこうで、ここはちょっと失敗かなぁ」何て言われると、
自尊心の高い(低い?)男どもは、すぐにやる気をなくします。
夫は妻に育てられているというわけです。

っというわけで、職人に触発されてのドアクロス貼り、
そしてペンキ塗りを終えて気分を良くしている私でした!

職人の方々は、仕事の後に掃除をしてくれるのですが、
最終的には、妻が塵などをキレイに掃除をして、
翌日の仕事がしやすいようにしています。
お茶やおやつの準備もよくやってくれました。

そんな妻をねぎらう意味も込めて、買い物へ行った時に、
私のおこずかいで北見産の豚肉など、喜びそうなものを買って来ました。

ぶたしゃぶ

どこか外食に連れて行けば良いのでしょうが、そこまでは・・・・。
また私が作ってあげれば良いのですが、厨房は苦手でして・・・。

結局は妻に作ってもらっているのですが、
まぁ、工事期間中、少しだけ2人の労をねぎらう意味を込めて、
冷しゃぶを美味しくいただきました♪



日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |