FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

「デモクリ」でもいい?

先月最後の礼拝メッセージの中で、日本で一番大きい
キリスト教団の前議長Y牧師の言葉を紹介しました。

Y牧師は、「クリクリ、デモクリ、コソクリ」を説明しています。
クリクリ:クリスマスだけ来るクリスチャン
デモクリ:「あれでもクリスチャン?」と言われるクリスチャン

そしてデモクリから派生して以下のようなものがあります。
ビックリ:え、あの人クリスチャンだったの、びっくり!
コックリ:説教が始まるとコックリコックリしてしまう人
(私は他の牧師の説教が始めるとこうなってしまうことが・・・)

ソツクリ:卒業クリスチャン、
「若い時は教会に行っていたんだ~」信仰を卒業した方
ガックリ:いっつも失望ばかりして、暗い信仰生活のクリスチャン

イガクリ:イガイガがいっぱい、とげとげしくて、不満や不平でいっぱい
(これはY牧師ではなく、私が考えました!)
そしてコソクリ:あの人こそクリスチャン!そう言われるうクリスチャン

ジャンプ

Y牧師は「デモクリ」ではなく、「コソクリ」になろうと勧めています。
でも私は「デモクリ」でも良い、そう思っています。
(↑3回も「でも」を使っている文章)

「あなたそれでもクリスチャン!」って言われたら、
以下のように、素直に語れる「デモクリ」なら素晴らしいと思います。

「そうなんです。これでもクリスチャンなんです。
 もしいろいろ迷惑をかけていたらゴメンナサイね。

 こんなに欠けだらけで、失敗ばかりする私。
 それでもイエス様は見捨てずに愛して救って下さった。

 こんな私でもイエス様は救ってくださった、感謝なんです。
 今日もイエス様はこんな私のために祈ってくれているんです」

自分の罪や弱さ、迷惑をかけたことを開き直ることなく、
そこを素直に認める必要はもちろんあります。

その上でイエス様を喜び、救われたことを感謝し、
自分が生かされていることを心から喜んでいる「デモクリ」、
私はとっても素敵だなぁと思うのです♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |