FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ジョギング♪

昨日の記事で、ジョギングにはまっていることを明かしました。
忙しくて、ジョギングする時間がない牧師がほとんどでしょう。

私もそんなに暇なわけではないのですが(多分)、
教会外の仕事が少ないのと、あっても自分のペースで出来るので、
都会の教会ほどの忙しさではありません(地方の特権!)。

また1週間や1ヶ月の中で、どんなに忙しくても、
少しの時間を趣味や気分転換のために作れないような
そういう状態にはしたくないんですよね~。

そして運動することは何よりも、心身ともに良いことだと
改めて実感しています。心身ともにです!

5月初め
(いつも走っている堤防・5月初め)

北海道教区のある牧師が、
「主のために、パークゴルフをしています」
と言われた言葉の深みを私も大きく肯くものです(本気です♪)

小1時間のジョギング中に、何人もの方々と挨拶を交わします。
見ず知らずの方々ですが、同じ街に住んでいる方々です。
走っているので世間話をするということはないのですが、
散歩やウォーキングしている方々と挨拶をする、
それだけのことですが、程よい清々(すがすが)しさがあります。

右半身を不自由にされている60歳前後の男性が、
一生懸命に歩いてリハビリをしています。
挨拶を交わしながら、自分の父親とたぶらせつつ、
数か月前よりスムーズに歩いているように見えて、
とっても嬉しいのです。

ジョギングをしながら、暮れゆく風景を眺め、
去年よりもこの街、そしてこの街の方々への想いが深められています。

説教準備を横に置いて、ジョギングに出かけることもあります。
時に御言葉を瞑想しながら迷走し、
教会員の方々のことを思い浮かべながら走っている時もあります。

「祈りは身体的・具体的なものであればあるほど良いと、ぼくはいつも感じている。歩きながら、料理しながら、歌いながら、絵を描きながら、そう手紙を書きながらでさえも!」 ユージン・ピーターソン『信仰の友への手紙』84頁」


友に手紙を書きながら上記のように述べる
ユージン・H・ピーターソンの言葉を思い出します。

夕陽を背に
(夕陽を背に)

先日、あるところから求められたプロフィールに、
「趣味は、DIY、blog、ジョギング」と記しました。
私にとってジョギングは、心身ともにとっても良いのです。
(明日は、身体のことを記します)



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |