FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

師走♪

昨日は岩見沢で、積雪が100㎝を越えているというニュースを見て、
N先生が必死に雪かきをしている姿を想像しながら、
豪雪地帯の教会の守りを祈りました。

北見という地域は、最低気温は北海道の他の都市よりも低いのですが、
日本海側の地域に比べると雪が少なくて過ごしやすいです。

また太平洋側の地域は、どんよりしていることが多いようで、
その点、北見は陽射しがまぶしく、
シバレルとは言え気持ちまでもふさぎこむことはないですね、私は。

さて12月最初の日曜日を雪かきで迎えてから、
ジョギングをお休みしていました。

忙しくて走れないということもありましたし、
「厳冬期はお考えアソバセ」という先輩の声も。

しかし「大丈夫ですよ!」という道産子の声もあり、
昨日のオフ、思い切ってジョギングに出かけてきました!

雪の公園

11月には半分ぐらい薄く凍っていた近くの公園の池(画像あり)は、
残りわずかな小さな凍っていない水辺を、
水鳥たちが体を寄せ合っていました。

先週ぐらいから、最低気温がマイナス10度を越え、
最高気温が氷点下を越えるかどうかという気温です。

雪が積もると、出来れば最高気温も氷点下あって欲しいのです。
なぜなら、解けてまた凍ってアイスバーンになるのが嫌だから。
昨日の最高気温は、氷点下1度でした!

川の土手の上を散歩している人、犬を連れている夫婦、
そしてジョギングをしている方もおられました♪
晴れていて、風もなく、気温がマイナスだったら「走れる!」、
今のところそう確信しています。
それでも、マイナスが二桁になると厳しいかも!?

雪のパークゴルフ

↑除雪をしてくれているのか、走りやすそうでしょう♪
驚いたのが左手の雪の無いところ。
決して解けてしまったのではありません。

よくよく見ると旗が立っているのが分かるでしょうか。
実は、パークゴルフをするために雪かきをしているのです・・・。
恐るべし道産子魂。雪かきをしてまでパークゴルフなんて。

真っ白な土手の上を走っていると、
所々にかき氷にレモンのシロップをかけたようなあとが・・・。
はい、ワンコたちのものです(笑)

川岸にある小動物の足跡は、ワンコたちではなく、
エサを探し求めているキツネのものだなぁと思っていると発見!
しかし携帯カメラを向けると、枯れた草むらの中にまぎれてしまいました。

12月の無加川

教会の横を流れる無加川は、両岸が少しずつ凍り始め、
時おり大きな氷の塊が氷山のように流れています。

今週と来週は、クリスマスの案内を配布するので、
ジョギングには出かけられないと思います。

でも「厳冬期でも走れるのではないか」、
そんな予感を得た「師走」のジョギングでした♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |