FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ガンコなほどに

少し前のことですが、ぶらっとF先生が泊まりに来られました。
幾つかの用事を済ませるために、北見を中継点にされたようです。

時間の許すままに、聖書のこと、教会のこと、
伝道のこと、牧会のこと、信仰のことなどなど、
日ごろ感じていること思っていることを、
さっくばらんに語り合うとっても有意義なひと時となりました。

「自分はいつも『ゼロ』だと思っています。
 そうすれば、どんな小さなことでも恵みとして感謝できるし、
 『いつも喜べ、絶えず祈れ、全てのことに感謝』の世界に
 生きることができるんですよ」


今回、お交わりの中で心に残ったF先生の言葉の1つです。
欲がないんですよ、F先生は。
いつもさっぱりとした風が吹いています。
バプテスマのヨハネのような感じですね。

「家内は、私が細かいことを一切言わないので、
 旦那選びには間違いはなかった、と言っています」、
F先生は、臆面もなく私たち夫婦の前で仰られます。
はいはい、ご馳走様でございます(笑)

人の顔色をうかがうことはしません。
そこがF先生の素晴らしいところでしょうね。
その分、勘違いもされるでしょうが、
そういうこともどこ吹く風です。達観しています。

我が妻の手料理を3食もたいらげて、
「美味しい」の一言も出ないのもF先生らしいところです(笑)

先月の教区会の食事中、
妻が「フノリは髪の毛に良いそうです」と話すと、
隣のテーブルから「どれが!?」と言って、みんなを笑わせました。

inori

F先生は、毎日、私たちのために祈ると言ってくれました。
そしてガンコなほどに誠実に、私たちと教会のために
祈って下さっていることが分かります。F先生に会うと分かるんです。

夜の9時ぐらいには布団に入り、朝の3時には起きて、
主との深い交わりを楽しんでおられます。

北海道に来て、神様が様々な方々に出会わせて下さいました。
これからもいろんな方々に出会うことを楽しみにしています♪



日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |