FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

セーフ

日曜日の礼拝後、北見を車で出発して登別に向かいました。
夕張の辺りで少しだけ吹雪いて速度規制がありましたが、
滑ることなく運転できました。セーフです。

道央道の登別東出口のまん前で、大きな鬼が出迎えてくれました。
私の妻の名前が鬼の足元に記されているように見えますが、
決して鬼に変身することはありませんので、ご安心ください(笑)

登別の鬼

夕ご飯(バイキング)に間に合って到着し、セーフでした♪
5時間半かけてきたかいがあります。
しかし楽しみの1つだったのですが、どうも食べている気がしません。

委員の先生方と挨拶を交わしたり、
顔なじみの方々と会話をするたびに、緊張が増してきたのです。
妻も「あなたの緊張が私に伝染して、味がしない」とのこと。

その後Ⅰ聖会に出席し、温泉に浸かり、
ベッドの中に入ったのですが、1時間半ごとに目が覚めるのです。

礼拝奉仕後に長距離運転をしてきたので、疲れているはずなのですが、
変な緊張に包まれているようでした。
私の奉仕は、翌朝のしょっぱななのに・・・。
登別の鬼に攻撃されている???・・・・冗談です。

その時、私は年末にMさんに言った言葉を思い出しました。
「緊張するぐらいがちょうど良いんですよ。
 緊張がなくなって、安心が油断や習慣、そして傲慢に変わるより、
 緊張しながら『主よ、助けて下さい』と主に必死に頼っていく、
 そっちの方が良いですよ」

Mさんへの言葉は、そのまま私への言葉となりました。
そして主に祈り、主に頼る思いがいよいよ強くなりました!

分かりにくいですが、正面、まん中に立って祈りを導いているのが私です。
講壇に立つ時、私1人で立っているとは思いませんでした。
もちろん主も共におられるのですが、北見の皆さんが祈っている、
そういう背後の祈りにとっても支えられました(セーフ)。

最初の5分だけ緊張しましたが、
後はいつものように主の言葉を取り次ぐことが出来ました。

聖会Ⅱの様子

私の小さな経験では、講師として招かれた時、自分の持ち時間を守る、
このことが皆さんにことのほか喜ばれます(笑)
特に牧師は話しが長くなりますから・・・。

私は元教師なので、チャイムが鳴った後にどれだけ授業をしても、
生徒の頭に入っていないことは経験済みなのです。
例外はありますが、聖会なども時間通りに進めることがベターです。

今回の私の持ち時間は、30分でした。
F先生に確認すると、27分だったとのことで、セーフです(笑)

5人の講師が立てられているので、幾人かでもいい、
このⅡ聖会で主の言葉によって励まされる方々が起こされることを願い、
愛を込めて語らせて頂きました。

またこれで私の奉仕が終わったとは思っていません。
聖会のための聖会ではなく、聖会が終わった後、
日常の生活の中で御言葉に生かされていくことが目的です。

なので来年の聖会まで、主の言葉が集われた方々の人生に
成就していくように祈り続けていく責務を講師として担わせて頂きます!

明日の礼拝も、心からの礼拝を捧げたいと思います。
そして愛と信仰をもって、主の言葉を取り次ぎ、
集われた方々が真実な主の言葉に生かされていくことを願っています♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |