FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

先輩牧師から

務めを共にしている先輩牧師から、たくさんのことを学んでいます。
口では言われませんが、その務めに対する姿勢と言葉の行間から、
以下のようなことが伝わってきます。

言い訳を言わないこと、
私利私欲を捨てること、
正論で相手を言い負かさないこと、などなど。

また、今週は電話で以下のようなことを話されました。(要約)

「自分の言ったこと、書いたことに対して、
 相手の受けとめ方を気にし過ぎています。

 『言わなければ良かった』と思うようなことは、
 最初から言わなければ良いのです。

 自分が間違っていたら、素直に認めて謝れば良いのです。
 先生は、何を恐れているのですか?」



またメールで以下のようなことを言われました。(要約)

「先生は確か関西人ですね。
 関西人というのは『どつき』をやりながら気を配るので、
 私などには分からないところがあります。

 気配りはとても重要です。
 ただ本当の気配りは、気配りをしているようには見えないように、
 つまり、見えないところでしてあげるものです」



内容としては、至極当然のことを言われているのでしょうが、
私の弱点なので、私にとっては心に留めるべき言葉です。

励ましてくれる先輩は、本当に嬉しいものですが(笑)、
時々、ビシッと言って下さる先輩も、ありがたいものです。

そして牧師11年目を迎えたこの4月、
後輩牧師からもへりくだって学ばせていただきたいと思います。
(牧師は、先輩・後輩よりも、「同労者」意識が強いのですが。私だけ?)

レントカレンダー完成

今年の受難週は、自分の罪性を見つめるひと時となりました。
そして、だからこそ十字架の主イエスの言葉が、
私自身に迫ってくる受難週でもありました。

さぁ、明日は喜びのイースター礼拝(復活祭)を、心から捧げます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |