FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

豊かさ

さて今週の火曜日から水曜日まで、
1泊で紋別の改修工事のお手伝いをしてきました。

教会に入ると、いつもはキレイにされている礼拝堂に
まさに山のようにたくさんの荷物が積まれていました!

そしてT先生が足を引きずっているではありませんか。
どうやらじん帯を痛めたとのこと・・・。

「その足でこの荷物を運んだんですか?」と尋ねると、
「昨日は、教区長のF先生とS先生が来てくれました」とのこと。

紋別改修工事①

私は主管者のF先生に頼まれての奉仕なのですが、
教区長やS先生は自発的なお手伝いとのこと、頭が下がります。

しかも教区長は炊き込みご飯、S先生も食事の差し入れをされ、
月曜日の昼食、夕食を共に食されたとのことでした。

(我が妻も、火曜日の昼食の弁当を3人分、
 翌日の朝食用のパンを持たせてくれました)

S先生は、2Fの荷物を1Fに運び出して仕分けをされ、
教区長は、2F天井裏に断熱材を敷かれたとのことでした。
F先生は、2Fの新居となる部屋の改修工事をされていました。

断熱材は、極寒のオホーツク海沿いの建物にとって、
目には見えませんが、とっても大切なものです。
教区長、グッジョブです(笑)

そしてF先生や教区長は、壁紙(クロス)もロールで持って来られ、
必要な資材まで持参されていました。

さらに私が驚いたことは、教区長やF先生の自前の工具類です。
F先生は、丸ノコ、サンダー、そして卓上のノコギリ。

そして教区長は、壁クロス用の糊を付ける機械・・・。
そんな機械を持っている牧師なんて聞いたことありません!

紋別改修工事②

「一体、本職は何なのでしょう???」と私がF先生に尋ねると、
「イエス様と一緒ですよ!」と笑いながら答えるF先生。

なるほど、イエス様と同じ大工と伝道者ですね♪

隣の教会同士(と言っても、車で数時間かかります)の牧師たちが、
結婚されるT先生と紋別の教会の祝福を願いながら、
共に汗を流して助け合うことが出来るって、感謝だなぁと思います。

明日もそれぞれの地域で礼拝が捧げられますが、
決してバラバラではなく、大きな教会も小さな教会も、
日本中の教会も世界中の教会も、
キリストの教会として1つであるということ、
その豊かさを味わいつつ礼拝を捧げたいと思います♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |