FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

準備

紋別の教会で、近隣牧師たちとリフォームをしたことの続きです。

私は書斎となる4畳半×2部屋の天井にペンキを塗りました。
恐らく何代か前の先生が使われていた昔のストーブによって、
天井が黒くなっていたからです。

最初、水性ペンキで塗ったのですが、黒くなるばかりでした(笑)
次に油性のペンキを買って塗り始めたのですが、
ムラがたくさん出来て、こんな惨めな思いをしたペンキ塗りは初めてでした。

ぴかぴかの天井

そこで最後の手段と思い、ローラーを買って来ました(390円)。
そして塗り始めると、何と簡単に、しかも美しく仕上がるじゃないですか!
お手伝いにきたかいがあったと胸を撫で下ろしました。

年季の入ったドアも、クロスを貼ることで美しくなります♪
北見でやってきたことが、紋別でも生かされます!

F先生が買ってきたドアノブ、「もしや!」と思って
封を切る前に確かめると、やはりそうでした。
ドアノブは昔のサイズで、バックセットのサイズが違っていました。
(参照「ドアノブの交換、必要な寸法」)

これも北見の教会でドアノブを交換する時に学んだことでした。
昔のものと今のスタンダードは違うんですね~。
封を切らなかったので、交換可能です!

ドアクロス

F先生は、寝室のクロス(壁紙)をキレイに貼ってくれました。職人技です。
(F先生は、北見でも教会の講壇側の壁紙を貼ってくれています)

私は「寝室を美しく仕上げて欲しい」という依頼を受けていたので、
壁クロスを貼る前に、古くなっている木枠(桟?)にペンキを塗りました。

しかしF先生は、「そこにペンキを塗る意味が分からない」とのこと・・・。
ま、このあたりは人それぞれ、センスの違いですね(笑)

今回は、結局時間切れで全てにクロスを貼れませんでした。
F先生は、5月にもう一度紋別に行かれ、続きをされるとのことなので、
私も1日、手伝ってこようと思っています。

壁紙とペンキ
(上の部分は、5月に!)

かつて信徒が1人だった北見の教会に来た私は、
信徒が教会にいるという恵みをよく知っています。

そして牧師がいない数年間を過ごした紋別の教会は、
伝道者が1人いるという恵みをよく知っておられます。

そして5月の末からは、伝道者が2名になることを
近隣牧師の私たちも共に喜んでいます♪
新居となる2Fの牧師館のリフォームのお手伝いも喜びです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |