FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ストレートに

月曜日の北東地区合同集会で、たくさんのことを教えられました。
食事を共にしたUさんの信仰姿勢に驚きました。
飾らず、模範解答に走らず、かと言ってひねってもおられず、
程よいさわやかな明るさが印象的でした。

きちんとご自分で料理したお弁当の他に、
納豆を1パックと人参1本を持参していたのも驚きでした!

私はと言えば、妻が作る弁当に煮物が入っていることが気に入らず、
「お年寄り料理」と言いながら、感謝の少ない夫でありました(反省・笑)

その他の方々からも、食事を共にしながらお交わりをする中で、
いろいろと見えてきたり、教えられたりすることがたくさんありました。

bible

集会の最後は、共に礼拝を捧げました。
賛美と祈り、御言葉の時、そして7つの教会のために祈り合いました。

S先生が聖書の言葉を語って下さいました。
ストレートに、飾らず、おもねらず、聖書を忠実に語られ、
そしてはっきりと力強く語られました。

まるで預言者が語る神の言葉のようでした。
神の側に立っている姿勢、それが決して高圧的でも押しつけるのでもなく、
真理に立つ自由と厳粛さ、そして愛とあわれみが伝わってきました。

神の言葉によって信仰の襟が正されるような思いと、
主の深いあわれみを覚えずにはおれなかったのです。

預言者は荒野に立ち、また荒野を通りつつ主の言葉を語りましたが、
北国・北海道の説教者もまた、預言者に通じるものがあるのではと感じました。

とても30代半ばの説教者とは思えませんでした。
四児の父ともなると、やはり何かが違ってくるのかなぁと思いましたが、
一心に祈りと御言葉に立っておられるからなのでしょうね。

ただ「S先生が語られたメッセージが素晴らしかった」のではなく、
自分自身がS先生のような信仰姿勢で主の言葉を聞き続けること、
このことが大切なことだと思います。

ジャンプ山

帰りに、オホーツク流氷公園なるものの横を通っていきました。
何だか楽しそうなジャンプ山があって、
私もジャンプしたかったのですが、妻が反対すると思ったのでやめました。

ラベンダーがキレイに咲いていました。
またいつかの機会に!

今年の合同集会、
私にとって、忘れられないひと時となりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:3 | トラックバック:0 |
| ホーム |