FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

見えざる御手

日曜日の礼拝後は、各自持ち寄りの愛餐会(自分の分だけ)、
そしてその後は、じっくりと分かち合うひと時を持ちました。

(昨日の記事の賛美録音は、この分かち合いの後に持ちました)

今回は、「そーれお茶!」です。
前回は、「午後のお茶」でした(笑)

岡山のお土産「きびだんご」を美味しく頂きながら、
時間を気にすることなくお交わりができ感謝です。

井戸端会議ではなく、神の家族だから話せることもあります。
お互いの声に耳を傾けるひと時となりました。

そーれお茶

ある方が、「神の見えざる御手を知ることができました」と語られました。

「見えざる手」は、社会科で習う経済学者アダム・スミスの言葉で有名です。
資本主義における自由経済市場において使われますが、
キリスト者にとっては、信仰生活で体験できる恵みです。

神の助けの御手が、気づかないところでいつの間にか伸ばされていた、
そういう体験をさせていただけるんですね。

「主の手は短かろうか。あなたは、いま、
 わたしの言葉の成るかどうかを見るであろう」民数記11:26

別の方も、「今回はこのことを神様に祈りました。
すると不思議に助け手が与えられました」と言われていました。

もし神様に祈っていなかったら、「偶然」と片づけていたことがらも、
「神様が生きて働かれ、助けて下さった」と、
見えないはずの神の御手を見させて頂けることは、幸いなことです。

今晩は、祈祷会です。
「祈祷会なのに、何故か祈る時間が少ししかなくなっている」と、
何年も前に友人の牧師たちとそういう話しになりました。

そうなんですよね~、何故か!?
だから私は、意識をして祈る時間を多めにとるようにしています。

共に主に祈ることによって、見させて頂ける神の御手があります!
そして天国に行った時に、さらに「あの時も、この時も!」と、
見えなかった神の御手が明らかにされるんだろうなぁと思います。

そういうことを覚えながら、
初代教会のように今日も共に祈るひと時を持ちます!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| ホーム |