FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

マウス

いつも使っているマウスが、時々反応しなくなることがあり、
その度にUSBを抜いてまた取り付けるという作業を繰り返していました。

私は自分のことで「ストレス」という言葉は使わないのですが、
こういう「あ″~」と思うような小さな煩いも「ストレス」と呼ぶようなので、
「ストレス」を感じた私は、思い切って買い替えることにしました。

旧マウス
(旧マウス。写真で見ると使用感がありますね)

最初のパソコンの時は、マウスではなくノートパッドを使用していたので、
私にとっては初めてのマウスでした。

この旧マウス、幾らで買ったのかは覚えていないのですが、
小さくで使いやすく、重宝しておりました。

しかしよくよく見ると、右側の部分が剥げていますね。
ちょうど薬指か小指の爪があたるのでしょうね。

そしてこの度、amazonで新しいマウスを注文しました。
新しいと言っても、私にとって新しいというだけで、
発売されてから時間が経ち、お値打ち商品でした♪

幾つかの商品を見比べ、カスタマーレビューを参考にして買うという、
初心者ならでは購入の仕方をする私です(笑)

もう5年以上前のパソコンなので「Bluetooth(ブルートゥース)」機能はなく、
ラインが気にならない無線にするか、電池のいらない旧来のものにするか、
迷ったあげくに無線のものにしました!

サイドはプラスチックではなくラバーが使用されていて、
旧マウスのように剥げてしまう心配もありません。

新マウス

カスタマーレビューでは、ほとんど電池交換は必要なく、
マウスのスイッチを切り忘れても自動でオフになり、
そして動かせばすぐに電源が入るということで満足しています♪

そのマウスで思い出したのが、高校時代の英語の長文問題です。
その長文の英語には、以下のようなことが記されていました。

「明治時代は、多くの外国語を豊かな感性で日本語にしていました。
 しかし最近の日本人は、新しい日本語を造りません。
 パソコンで使用するマウスもそのまま『マウス』と紹介しています。
 欧米人がネズミに似ているという感性で『マウス』と付けたものを、
 日本人は日本語としてアレンジしても良いのですが・・・」

 
グローバル化社会ということもあるでしょうが、
流行語はあっても新しい日本語が作られることはないですね~。

それでもこの「マウス」については、
何か別の日本語で表すって難しいですよね。

見れば見るほどネズミに似ているので、
これはこのままで欧米人の感性に旗を上げておけば良いのでしょう。

PS.
パソコンやテレビを今さら違う日本語で表現できないですし、
そうい意味では「冷蔵庫」という日本語はよくぞ造られましたね!
(「Refrigerator」が言いにくいということもありますが)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |