FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

2012年のキャンドルサービス

今年のキャンドルサービスは、24日のイブの日に開かれました。
いつもは23日の祝日の夜だったのですが、
今年は振替え休日の24日でちょうどイブになりました♪

23日のクリスマス礼拝&祝会と2日続けての行事となったのですが、
氷点下の中を遠くから来られる方々もおられるので、
平日にするのも大変ですし、今年はこの日となりました。
開始時間も午後6時からと早めです。

毎年、毎年、その年のカレンダーと地域的なことも鑑みながら、
スケジュールを決めていくことになりますね。

キャンドルサービスのサービスとは、
結婚披露宴のようにロウソクの火をサービスするのではなく、
ロウソクをに火を灯しながら礼拝(サービス)を捧げる時です。

例年は、賛美、聖書朗読、そして短いお勧めという繰り返しだったのですが、
今年はメッセージの時間をまとめてとりました。

神の言葉が確かに皆さんに伝わっている、受肉している、
そんなヨハネ1章の出来事が確かにありました。

20121224キャンドルサービス

ゴスペルのメンバーも3曲を共に賛美しました。
最後の曲を賛美しながら、
「恵まれた人よおめでとう」という御使いの祝福の言葉が、
主の栄光が更けゆく野原を照す中で捧げられた御使いの賛美が、
確かにここにある、そう思わずにはおれませんでした♪

キャンドルサービス後に、皆さんでドーナツを食べながら、
しばし歓談のひと時を持ちました。

決して派手なひと時ではありません。
エンターテインメント性も薄いでしょう。

しかし「救い主が確かにお生まれになった」、
「キリストがここにおられる」、
そういうクリスマスの恵みをじっくりと味わうひと時でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>