FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

氷割り

金、土、日と続いた雪かき。
月曜日は、まぶしいぐらいのとっても良い天気でした♪

教会の北側

この天気の良い月曜日にしたことは、
以前から気になっていた北側の雪です。

しかも、今回の雪でさらに積もっています。
1Fの窓の半分まできました。限界ですね。

北側に積もった雪

普通に降る雪だけではなく、屋根からの落雪があります。
しかもこの落雪は、もはや雪ではなく氷なのです。
南極大陸でできるテーブル氷山のようです!

前日の日曜日、湯呑みを洗う皆さんも
「え、これ雪ですか?」と驚いていたとのこと。

月曜日の最高気温はマイナス2度だったのですが、
万が一プラスになると屋根からの落雪(氷柱と氷)が危険なので、
午前中の内に道具を持ってきて、雪をかき出し始めました。

北側にある台所

しかし上の部分の雪は押しだせるのですが、
ほとんどが氷で、雪かき用のスコップなどではびくともしません。

そこで金づちを持ってきて氷を叩き始めました。
けっこうな力を入れて叩くと、台所内に氷が散り始めました・・・。

様子を見に来た妻が、
「えっ、中からやってるの?外からやると思った」と言われます。

確かにそうでした。
外からすると雪山に埋もれてしまうと思っていたのですが、
氷なので沈むことはありません。

そしてこんな小さな金づちで割っていると、春になってしまいますし、
「この散らばった氷、誰が片付けるの?」という妻の心の声も聞こえ、
そそくさと外に出ていきました(笑)

台所から

ガレージから鉄製の大きなスコップと、
なぜかあったツルハシを持って雪山を登り、氷を割り始めました。

あまり強く叩きすぎると、氷の破片が窓ガラスに当たって割れてしまいます。
それにしてもなかなか割れません・・・。

先が見えなくて途中で疲れ果て、
ちょうど同じような作業をしていた町内会長さんに雑談をしに行きました。

「今年は冷え込むねぇ。雪もよく降る」、
「このあたりは、天気予報の温度よりも2度低いからね」、
「窓が割れないように、雪を除けておいた方がいいですよ」、
そんなことを笑いながらお話しされていました。

外から

もっと氷を掘らないと窓が危ないと思いつつ、体力的にも限界・・・・、
っと思っていたところに妻がウレタンを持って登場!
これで、窓は安全です。

ここまで積もったのは北見に来て初めてで、
来年からは窓枠にかかりそうになったらすぐにかき出します!
一年一年、学びつつですね。
雪かきならぬ、ツルハシを使った氷割りのお話しでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |次のページ>>