FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

やせ我慢と節約

今週の散髪屋での出来事。顔剃りのために、
熱いタオルで顔を蒸すことで、髭が剃りやすくなります。

「熱くないですか?」という店員の問いかけに、
「はい」と答えたそのすぐ1秒後、熱くてたまらなくなりました。

「熱い!」と言えば良いのですが、何故か言えない心の小ささ(笑)
けっこうな熱さをやせ我慢し、後で鏡を見ると唇がやや赤くなって・・・。

昨晩の我が家での出来事。廊下を歩いていた妻がドアにぶつかり、
顔にくっきりと赤い線がはいっていました。

「廊下の電気をつけたり消したりすると、もったいないから」と、
真っ暗なままいつものように廊下を歩いていました。

しかし翌日にゲストが来られるので、妻が宿泊の準備をしていたので、
宿泊してもらう部屋のドアを開けいていたとのこと。
いつもは閉まっているのですが・・・。

やせ我慢のために、唇とその周辺をほんのり赤くする私。
節約のために、顔に赤筋をつける妻。

20130901

さて、明日は海外宣教特別礼拝です!

私の唇のほんのりとした赤さではありませんが、
口の中から赤い火が出るほどの香辛料もあるであろう
東南アジア・フィリピンへ行かれる宣教師を迎えます。

妻の顔についた赤筋ではありませんが、
赤道近くの暑い地域に行かれる宣教師夫妻を迎えます。

やせ我慢では、とても異国の地で宣教は出来ません。
聖霊の励ましと促し、そして背後の祈りが必要です。

節約よりも、主が全てを満たして下さることを信じています。
そして「閉じることのできない門を開いて」(黙示録3:3)下さる主が、
光りとなって行く道を照らし、あらゆる門を開いて下さいますように!
(妻のように開いたドアにぶつからないように・・・笑)

日本も、北海道も多くの宣教師によって福音の種が蒔かれてきました。
私たちも祈りをもって宣教師を送り出します。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |次のページ>>