FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

Thanksgivig Service

11月24日(日)の夕方5時から、Thanksgiving Serviceを持ちました。
Thanksgiving Serviceとは、感謝礼拝のことです。

7月末から礼拝に導かれているTさんご夫妻が、
1年前のこの日、Tさんが難病であったにも関わらず退院することができ、
また少しずつ回復していることを主に感謝し、
さらに支えてくれた友人たちにも感謝を表したいと計画したひと時です。

当日は、Worship TimeとFellowship Timeの2部構成で、
まずは賛美を捧げ、御言葉を聞き、礼拝の時を持ちました。

「わがたましいよ。主をほめたたえよ。
 主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな」詩篇103:2


上記の言葉を掲げながら、創世記のヨセフの生涯を取り上げ、
ヨセフが売られ、裏切られ、忘れられていくところを通ったけれども、
主を見上げて主と共に歩む時、人の悪を善に変えて下さる、
必ず主は感謝に変えて下さることを分かち合いました。

当日は、毎週の礼拝に来られる方々が14名、
そしてGさんのフィリピン出身の友人たちが26名も集われ、
全員で40名で主を礼拝し、楽しくて美味しい交わりの時を持ちました。

この日のために買い足した長テーブルでも座りきれず、
料理を取るのも行列、トイレに行くのも渋滞でした(笑)

Thanksgiving Serviceの様子

フィリピン出身の方々が差し入れて下さったフィリピン料理と、
妻や教会員も何品かを分かち合い、とっても豪華な夕食となりました。

「香辛料が強いのでは・・・」と思っていたフィリピン料理ですが、
ココナッツミルクが入ったものもあり、意外に(?)お口に合いました!

1人1人の自己紹介(チャームポイント、この1年の感謝だったこと)も、
笑いの絶えない、楽しいひと時でした。

また準備や後片付けなど、日本人の皆さんがよく仕えて下さり、
主の愛を実践されている姿に感謝しました♪

雪など見たこともないであろうフィリピンの祖国を離れ、
日本人と結婚され、北見と周辺の町々で農業や牧畜に従事され、
何年、何十年と北見近郊に住んでおられるフィリピン出身の方々を思うと、
関西人の私が北国・雪国に住むことなど何ともありませんね!

「マガンダンガビー」(こんばんは)、
教えてもらったタガログ語で挨拶をしました!

地域、言葉、文化、年齢を越えて、同じ主を賛美するという、
天国のひな型が確かに神の教会にありました。
この街に住まわれる「主の民」ですね。

年の初めには計画していなかったこの日のThanksgiving Service、
しかし主のご計画の中にあったことでしょう。
数ヶ月前からですが、祈りつつ備えてきて良かったです。

明日から始まる2013年のアドヴェントの礼拝とクリスマス、
主のご計画と御心がなることを信じ期待しています!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |次のページ>>