FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

北の息吹

 GWに開かれた北海道聖会の祝賀会で、以前より案内して募集していました、教区創立60周年記録誌のタイトル部門の表彰式を持ちました。

記録誌タイトル&図案募集

 司会の私がその旨を説明し、「応募総数1万5千6百14・・・・・を期待していましたが」と言うと、皆さん思いのほかお笑い下さいまして、「・・・を期待していましたが、北海道全土より12の応募がありました。その中から、4月の教区会で北海道教職による厳正な審査を重ね、本日、最優秀賞を発表します」と言葉を続けました。

 そしてこの日の朝、会場教会の事務室でペンを借りて、最優秀賞を記した紙を封筒に入れて封をしたものを、まるで日本アカデミー賞か何かの発表のように、講師のS先生にハサミで切ってもらい、発表をしてもらいました。

タイトル表彰式

 「発表します。北海道教区創立60周年記録誌タイトル部門最優秀賞は、Tキリスト教会、F・K姉の『北の息吹』です!」という発表と同時に、歓声と拍手が鳴り響きました。

(本当は封筒を切るハサミに紅白のリボンを付け、発表と同時にクラッカーを鳴らしてもらおうと思っていたのですが、聖会の準備に追われて、すっかり忘れてしまいました)

 「それでは、我らが北海道が誇るブランド米、ゆめぴりか10kgを商品としてお渡ししていただきます。間違いのないように言いますが、この商品は還暦を迎えた夫から愛する妻へのプレゼントではありません。記録誌実行委員長としてのF先生が、教区の厳正な審査を経て、T教会のF・K姉にお渡しするものです」と申し添えながら、F先生から5kg、講師のS先生から5kgのゆめぴりかを照れながら抱えている姿が印象的でした♪

タイトル表彰式2

 あとはこのタイトルに相応しい図案を今年いっぱいまで募集し、来年の北海道聖会で表彰式を持つことになります。たくさんのご応募を期待しています。

(F先生に尋ねると、このお米を育ち盛りの男の子がいるF家で食べるのではなく、T教会の皆さんと一緒に礼拝後にいただくとのことでした)

 さて明日は、ペンテコステ礼拝の翌週の礼拝です。「北の息吹」というタイトルのように、聖霊の息吹、聖霊の風が、諸教会の上に豊かに訪れることを期待しています♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |次のページ>>