FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ケミカルライト

 大人を対象とした一般の礼拝で、プロジェクターで賛美の歌詞を映し出す時に注意していることは、とにかく読みやすいようにということです。当然と言えば当然のことです。

 しかしユース(中高生)を対象にした集会のプロジェクターは、「読みやすさ」ではなく「いい感じ」でしょう。文字の背景は動画です。40代以上の方々には、チカチカチカチカして目が疲れます(笑)しかしこれで良いのです(決してこれじゃなきゃ駄目ではありません)。

ユースキャンプ③

 そして今回のユースキャンプで驚いたのが、ケミカルライトを片手に賛美したことです。私が引率していた小学生も「賛美なんか歌わないもん」という雰囲気いっぱいでしたが、ケミカルライトが配布されるともうノリノリで振りながら賛美しておりました♪私にとっては目から鱗です。

 賛美を歌うのに会衆席を暗くしたり、わざわざスポットライト当てる「都会」のユースキャンプに、私は少々「?」な思いをしておりました。「スポットライトの演出がないと賛美ができないなんて、それが真の賛美だろうか」という思いでした。

 しかしケミカルライトを片手に、喜んで賛美を捧げているユースを見ながら、1年に1度のキャンプでケミカルライト1つでこんなに主なる神に近づいていくのなら、これもまた楽しくていいじゃないですかぁと思ったのです。アイドル(偶像)の前で振りかざしているのではなく、喜んで真の神をたたえているのですから。

ユースキャンプ④

 もちろん祈りにも導かれていきました。10代のユースたちが、小1時間ぐらいでしょうか、涙を流して真剣に主なる神に祈っています。中学生や高校生のいろんな事件が報道されています。その中で、ケミカルライトのように世の光として、また地の塩となって歩んでいくことを切に願って私もとなりなして祈りました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>