FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ハーモニーとなって

 2月11日に開かれた宣教セミナーの報告の続きです。

 本来ならばおられるはずのS先生が、前の週に天国に向かわれた寂しさはあります。しかし北見出身のS先生が、北見出身ではない牧師も一緒になって、この地域で教派を超えて協力していくことを誰よりも喜んでおられたその思いを忘れないでいたいのです。

20160211宣教セミナー4
(S宣教師とI先生、C宣教師の絶妙なハーモニー)

 その北見出身ではないI先生がこの場にいるということも、また主の大きな奇跡でした。ドクターヘリで運ばれた昨年末、不思議にここまで回復されました。少し足の痺れが残るような歩き方で、S宣教師と一緒にスペシャル賛美を捧げておられました。ニューオリオンズのリズムに、会場の老若男女の皆さんは、裏打ち手拍子される方、表打ちの手揉み演歌風の手拍子の方もおられ、国際色も豊か(?)で楽しいひと時でした。

 「ハは多い方がいいですね」と講師の先生が話されました。「ハ」とは、「歯」と「派」のことです。1本の歯だとよく噛みきれません。前歯や奥歯、多くの歯があって、よく噛んで消化することができます。「派」(教派)もそれぞれの特徴があり、それが豊かさとなっていくとのことでした。

20160211宣教セミナー5
(講師のM先生)

 その他、ハワイでのこと、札幌時代のこと、そしてご自分のご家族のことに触れられながら、笑いと涙とをもって、真摯に真実に聖書のメッセージを語ってくださいました。夫婦で一緒に来て下さったことも、大きな恵みでした。

20160211宣教セミナー3
(開会礼拝の様子)

 さて明日も、口を大きく開けて「歯」を見せながら、それぞれの「派」の特色ある礼拝が捧げられていきます。そしてそれは天につながる豊かなハーモニーとなっていきます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |次のページ>>