FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ハエ

 先週の火曜日の朝、出張のために空港まで出かけるバスの中、2匹のハエがぶんぶん飛び回っていました。

20161018バスの中で
(赤丸のところにハエがいます)

 空港行のバスの中とは言え、様々な方々が乗っています。私のように出張で東京へ行く方、仕事で北見に来られ札幌に帰る方、観光で道東地方に来られて家路に向かう方などなど。

 そういう乗合バスにハエが飛んでいるとなれば、思い出すことはただ1つでしょう。それは高校1年か2年生の現代国語の教科書に載っていた、横光利一の『蝿』です。確か出張時に持ち歩いているKindle Paperwhiteに無料でダウンロードしていたと思い探してみると、ありました。そしてこの短編をもう一度、バスの中で読んでみました。(青空文庫でも読めます) 

 ラストに驚かない人はいないでしょう。不条理、また誰もが死に向かって歩んでいる運命共同体の人間、というようなことが描かれていると思って良いのでしょうか? 私としては、「運転手さん、眠らないでよ〜」という思いが強くなりました。

20161018バスの中で2
(赤丸のところにハエがいます)

 聖書では、キリストと共に舟に乗っている場面が出てきます。そして舟の中のキリストは波風たける湖の上で、まさに父なる神の平安に包まれて眠っています。教会とはまさに、そういうキリストの平安が満ちていくところです。

 明日は礼拝です。この世のものとは違うと言われる主の平安が、集われる一人ひとりに満ち溢れますように。北見での礼拝後は、お弁当愛餐会があり、そして大掃除です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |次のページ>>