FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ハヤシライス

 先週の日曜日の朝、教会の台所に入ったらMさんが包丁を研いでおられました。「いやいや〜、ありがとうございます」と、包丁など研いだことのない私は、Mさんの研ぐ様子をしばらく見入っていました。調理師の免許を持ってもられるMさん。家の包丁も1ヶ月に1度は研ぐそうです。

包丁を研ぐ

 いつも愛餐会(礼拝後の昼食)の前の日にMさんは教会に来られて、コトコト、トントン、ぺちゃくちゃ(妻との会話)しながら、愛情を込めて準備をしてくれます。

 この日の愛餐会はハヤシライスということもあり、妻と手分けして家で作って来られたそうです。Mさんは、教会から40〜50分離れた山あいに住まわれているので、連日の教会との往復も(しかも雪道)一仕事です。

 それでも心を込めて、そして人の見ていないところでも包丁を研ぐなどして、忠実に誠実に歩んでおられるMさん。また「美味しかったね〜」と共に食事の片付けをされる皆さん。タイルカーペットにこぼれて完全には取れないままのハヤシライスの染みは、きっと何ヶ月か後には分からないぐらいに薄くなっていると思います。

 しかし「あなたがたによく言っておく。わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである」(マタイ25:40)という主の言葉を、いつの日か声も出ないほどの驚きともったいない思いで聞かれるその喜びは、いつまでも残ります。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |次のページ>>