FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

つぶらな瞳

 日曜日(8/27)の夕方、大学生のO君とバイブル・スタディをしていて、もうすぐで終わるという頃にNさんが教会を訪れてくれました。Nさん、新車を購入されたので、神様が守ってくださるように祈ってもらいたいということでした。

 久々にNさんとお会いして、お元気そうで何よりでした。挨拶などを交わし、息子さんがお父さんの遺志を継ぐための学校に入学されたことなどをお聞きして、その成長をお互いに喜びました。

 しばらくの歓談後、「どの車ですか?」と尋ねると、教会横に置かれたその車の色と形に驚きました!

20170827車2

 いわゆる「SUV」ですね。参照wiki【スポーツ・ユーティリティ・ビークル(英語: Sport Utility Vehicle)とは、自動車の形態の一つ。「スポーツ用多目的車」と訳すことができる。通常はSUVと略すことが多い(SUV車は誤り)。】

 「2ドアなんですね〜」と前のドアを開けて後ろの座席に乗り込もうとすると、「4ドアですよ〜」と言われます。「んん〜?」と車のドアノブを探してみると、「あらま〜、こんなところに」という位置にありました。上の画像に写っていますが、どこがドアノブか分かるでしょうか?

20170827車1

 広い北海道、加害者にも被害者にもならないように、主に守られながら安全運転で走行できるようにということはもちろんのこと、娘さんを初めこの車に乗る方々との会話や交わりが祝されるように、遠い南国の生まれ故郷を離れて北国に住み、一足先にご主人を天に送られたNさんに、主の慰めと励ましが豊かにあるように、心を込めて祈りました。

 私が日本語で祈った後、Gさんの英語とタガログ語がチャンポンした祈りが続きました。車の中には、主の平安が満ちているようでした。

 それにしても最近の車は、歌舞伎役者のような切れ長な目をしたヘッドライトですね。2枚目の画像のガレージから顔を覗かせている教会車の、つぶらな瞳が印象的です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>