FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

今日も呼んでおられる

 4月28日(日)、「平成最後の礼拝・・・」とは言いませんでした。特段意識しているわけでもなく、むしろ4月最後の礼拝という思いの方が大きかったですね。様々な恵みを数えつつ、心からの礼拝を捧げました。

 礼拝後は、年に一度の一食断食祈祷聖会。「こういう祈りを毎月でも積み重ねていけるといいなあ」と思うのですが、牧師の気持ちが急いているでしょうか? 夕方、紋別のHさんが以前よりもよくなっていると電話があり、安心しました。以下は礼拝メッセージの断片集です。

20190428
(250字のエッセンスは、コチラです)

 13節に、弟子たちの名前が記されています。舌を噛みそうなこの弟子たちの名前に続いて、いやその中に私たちの名前があるということも忘れてはいけないのです。弟子たちの名前が聖書にこのように羅列されているように、私たちの名前も、命の書に、天に記されているということを確認して頂きたいのです。

 そして教会とは何かと問われるならば、その一つの答えとして名前が呼ばれるところと言っても良いでしょう。私たち一人ひとりの名前を、父なる神が呼んでくださっているのです。父なる神は、失敗作品をお造りになるお方ではありません。みな、神の作品であり、特別な思いを込めて、愛をもって私たちの名前を今日も呼んでおられるのです。



 多種多様な個性の集まりである教会は、ひたす心を合わせて祈っていました。祈りに専心していたのです。教会は祈るところなのです。主の約束を信じて祈る中で聖霊が注がれ、教会は生まれました。

 主イエスは「私の家は祈りの家と唱えられるべきである」と言われたように、教会は祈りの家なのです。単なる社交の場ではありません。世間話をしてはいけないということではありません。しかし私たちの交わりは、祈りに始まり、祈りに貫かれ、祈りによってまとめられていくのです。それは私たちの心を、真実な神に向けていくということです。

 弟子たちは、主イエスが言われた父の約束を信じて祈り続けました。教会とは、お互いの意見をぶつけ合うというところではなく、主の御言葉を握って神に祈るところなのです。私たちも、そこを大切にしていきたいのです。



(1日1章 Ⅱ列10章「主がエリヤに」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

礼拝メッセージの断片集 |
| ホーム |次のページ>>