FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

99匹ではなく

 6月24日(月)、12日に開かれた世の光ラリーの感謝&反省会と、クリオネ(クリスチャン・オホーツク宣教・ネットワーク)の話し合いがありました。この日は「夫人同伴」ということで、夫婦で集いました。会場は、初めて訪れるキリスト北見こひつじ教会です。 

20190624こひつじ教会
(2019年6月24日 こひつじ教会)

 最初の礼拝の中で、S先生ご夫妻が弱者に寄り添うミニストリーについて証しされました。まさに99匹ではなく、1匹の羊を探し出す主イエスの心がそこにありました。礼拝堂の一角には、車椅子で教会に連れて来られ方が、寝転んだままで礼拝を捧げられるためのベッドが置かれていました。

20190624礼拝の一角
(2019年6月24日 こひつじ教会の礼拝堂の一角)

 礼拝後は男性と女性に分かれました。男性たちはいわゆる委員会などの会議、女性たちはいわゆる女子会となりました。男性たちの委員会では決めるべきことを決め、またお互いの近況も分かち合いました。ある教会は新会堂建設の最中に、まさにモリカケ問題のような事態に遭遇されていることを聞き驚きました。

 またK先生が分かち合われたことは、ここ最近、私も自分自身に問いかけながら主の前に祈ってきていることなので、大きくうなずきながら聞いていました。

20190624女子会?
(2019年6月24日 夫人たちの交わりの部屋)

 女性の皆さんは、明るくリラックスした雰囲気の中で、楽しくまた真剣に、そして脈絡なく、かつ真実を突くような、主イエスを真ん中にした豊かな交わりをされていたようです。全ての内容を男性たちは知る由もありませんが!

 地域の先生方と交わりながら、同じ主イエスを信じつつ、同時にそれぞれの教会に特徴があり、そういう違いを豊かさとして受け入れ合い、祈り合っていけることが嬉しいですね〜。

(1日1章 Ⅱ歴24章「耳を傾けなかった」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |次のページ>>