FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

2度の雄叫び

 先月のことですが、妻が電話に出ると「以前に教会へ行っていたSですが・・・。覚えていますか?」と言われたそうです。妻の頭のCPUは高速回転するのですが、思い出せません。「函館でお世話になったT・Sです」と言われ、「え〜〜〜、Sちゃん!!!」とお隣さんまで聞こえるような大きな声を受話器に向かって出していました。

 北見の教会で「S」という名前を探していたようですが、函館時代の「Sちゃん」でした。妻の親友の子どもです。「近くまで来ているので、寄ってもいいですか」とのことで、「どうぞ、どうぞ。どうやって来るの?」と尋ねると、「彼氏が車で送ってくれる」とのこと。心の中で「か、彼氏ねえ・・・」と思いつつも、時間を合わせました。

 6月末にしては暑い水曜日の昼下がり、Sちゃんは彼氏と一緒に教会へやってきました。ちょっと緊張気味の2人。彼氏の実家が北見市常呂町の日吉と聞き、「私も日吉!名字が」と笑い合いました。そして彼氏と話しをする中で、この日2度目の妻の雄叫びが響きました。何と彼氏のお母さんは、私たちの教会に来たことのあるMさんだったのです。

20190626
(2019年6月25日 Sちゃんと彼氏)

 妻が函館の教会開拓時代は、2002年〜2005年です。その当時のSちゃんは、バレエを踊っていた可愛い少女でした。その後、札幌の大学に入学したと聞いていました。そしてその大学で出会ったのが、常呂町日吉の彼氏だったのです。(ちなみに函館の教会は、当時、函館市日吉町にありました!どんだけ〜という感じです・笑)そして不思議なことに、Sちゃんの彼氏のお母さんが、たまに私たちの教会に来られます。

 北海道は広いような、狭いような。いや、主なる神様のなさることは、不思議だなあと思わずにはおれません。私たちは既に昼食を済ませていたのと、やるべきことがあったのでご一緒できませんでしたが、北見名物の塩焼きそばがとっても美味しいお店を2人に教えてあげました♬

 「ヤコブは気が遠くなった。彼の言うことが信じられなかったからである」創世記45:26

(1日1章 Ⅱ歴31章「破壊した」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |