FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

DVDを通しても

 9月2日(日)、紋別へ向かう途中、サロマ湖の向こう側のオホーツク海沖に竜巻のようなものが見えました。8月は妻が紋別へ礼拝奉仕に行ったので、7月以来の紋別です。「夕立のごとく天つ恵みを」と賛美しつつ、車を走らせました。

20190902サロマ湖の向こう
(2019年9月1日 サロマ湖の向こうに竜巻?)

 コロサイ4:16に、以下の言葉が記されています。「この手紙があなたがたの所で朗読されたら、ラオデキヤの教会でも朗読されるように、取り計らってほしい。またラオデキヤからまわって来る手紙を、あなたがたも朗読してほしい」

 パウロの手紙は、各教会で朗読されていました。主の真理は、時間や場所を超えてコロサイやラオでキヤの両方の教会に当てはまるものだったからです。そして同じ主の言葉によって養われ、1つのキリストの体としてお互いに成長したのでしょう。

 私たちが紋別に行けない週は、北見での礼拝をDVDにして送っています。「DVDで申し訳ない」という思いがあるのと同時に、「どうかパウロの手紙が各教会を巡回し、それを聞く人々の大きな励ましとなったように、DVDを通して捧げる礼拝にも偉大な主の励ましがありますように」と願っています。

20190902紋別から北見へ(裏道)
(2019年9月1日 北見へ帰る裏道)

 紋別から北見への帰路、草原や牧場の広がる裏道を通っています。裏道と言っても、内地の方からすると表道(?)と変わらないように見えるかも知れません(笑)朝方は曇っていましたが、西陽がまぶしい夕方の5時頃でした。アドナイ・ロイ(主は私の羊飼い)である主が、これからも紋別の群れを養い導かれるでしょう。

(1日1章 Ⅰテサ4章「神を拒む」)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村

日記 |
| ホーム |