FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

穏やかなお正月

今シーズンの初雪はね(雪かき)は、12月6日でした。
そして12月中に9回の雪はねをするほど、今シーズンは降雪量が多いのです。

北見市の除雪関連予算(約5億2千万)も12月で半分を使い、
例年よりも早く補正予算を組んだとのことでした。

それでも12月22日を最後に、雪はねをする必要はなく、
冷え込むものの穏やかな年末年始を過ごしておりました。

教会の北側
(教会北側の雪)

しかし1月3日、この日はOさんとの聖書の学びをする日なのですが、
朝から雪が降り、2013年初雪はねをする運びとなりました。
Oさんが来られる前に、1時間ちょっとで終えることができました。

雪は私のスケジュールをあまり気にしてくれませんね!
それでも風邪気味だった時は、降らなかったので助かりました。
雪もちょっとは体調のことを考えてくれているのでしょうか?

北側台所の窓

さて北側に積もっている雪を中から見ると、こんな感じです。↑
例年、北側は屋根の落雪場となり、また隣の会社の雪捨て場となるので、
雪はねをしないのですが、窓をこれだけ越えたのは初めてです。

この雪をダンプカーで持って行ってもらうとしたら、
恐らくけっこうな額がかかると思います。
隣の会社と折半してもそれなりに・・・・。(補正予算が必要?笑)

台所の窓を開ける

窓は開閉ができるので、圧迫されて割れることはないと思います。
窓の1/3を超えるようであれば、内側から外に向かって
スコップで雪をかき出しておこうと思います。

これが3月だったら楽観できるのですが、まだ1月初めですしね。
ま、それでも何でも経験と楽しみながら生きていきます。
そして豪雪地帯に比べるとお茶の子さいさいでしょうか!?

教会の玄関前に雪だるまでも作って、
教会に来られる皆さんを一瞬だけ「ほっこり」してもらおうと思ったのですが、
雪がサラサラ過ぎて、丸めることもできなくで残念でした!

昨日(1/7)のNHKニュースでは、
北見があるオホーツク海に流氷が来ていることと、
祖父の故郷、沖縄の本部(もとぶ)でヒガンザクラが咲いていることが、
報道されていました。狭いようで広い、否、長~い日本列島ですね!

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |