FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

シーリングファン

天気予報を見ていると、関東地方は大雪で大変そうですね。
大雪が日常ではないので、いろいろと影響がありそうです。

さて雪と寒さが日常の北国にいる我が家では、
「電気代が昨年の同じ月に比べて安くなった!」と妻が喜んでいます。
妻があげる大きな要因は2つあり、
1つは朝の洗面を2F台所でするようになったことだそうです。

2Fの生活空間でお湯が出るところは台所しかなかったので、
今までは1F奥にある風呂場の脱衣場にある洗面所を使っていました。

氷点下の中での朝の洗面なので電気ストーブを暖房につけていたのですが、
これをやめることで1か月何百円かの電気代削減につながったようです。

もう1つは、コタツをやめたことです。
どちらかと言えば、このことによる効果が大きいようですね。

北海道に来ても「冬はコタツでしょう」と言い張っていた私、
「猫はコタツで丸くなる~♪」の冬景色は我が家からなくなりました。
ま、もともと猫もいませんけどね(笑)

そんな我が家の暖房のメインは、リビングにあるストーブで、
その1台で台所や寝室なども温めています。

小さな壁掛け扇風機で暖気を循環させているのですが、
やはり上の方が温かく、足元が寒いんですよね~。

今年は特に冷え込みが厳しいということもあるでしょう。
またコタツをつけなくなったということもあるでしょうね。

「上手く暖気を循環させる方法はないだろうか?」ということで、
いろいろなサーキュレーター、扇風機などを検討した結果、
結論に至ったのが、何と照明付きのシーリングファンでした!

シーリングファン

web検索すると、ピンからキリまでのお値段であることが分かり、
ピンの方かキリの方か分かりませんが、安かったので購入しました。

組み立てもプラモデルを作るような楽しさでスイスイと出来上がり、
天井にワンタッチで簡単に取り付けられるはずだったのです・・・。

しかし我が家のリビングの場合は天井裏に補強をしなければならず、
断熱材のグラスファイバーにまみれながら天井裏に潜り込み、
本体重量約5.6㎏に耐えられる補強材を設置しました。

天井裏
(携帯で撮影した天井裏の様子です。屈み作業だったので体が痛かった!)

結局、天井裏での作業を含めて3時間ぐらいかかったものの、
無事に取り付けることが出来ました。

取り付けてから1週間経ち、心配していたファンの音もほとんど無く、
静かで、しかも風量を3段階に調整することができ、何よりも足元があったかい♪

シーリングファン②

照明は妻の好みで暖色系の蛍光灯を選び、
「小樽の喫茶店みたい♪」と妻が喜んでおりました。
私が本を読んだり作業をする時は、もう1つの蛍光灯を付け、
普段はファンだけが回っている状態です。

1Fの礼拝堂はサーキュレーターを回しているのですが、ファン音がうるさく、
また広いので場所によっては足元が寒いところもあるようです。

できれば礼拝堂にもシーリングファンを付けたいなぁと思っているのですが、
こちらは電気回路のこととかがあり、素人の私では難しいんですよね~。

素人なのに電気関係に詳しいF先生に見てもらおうかなぁと、
密かに企んでいる今日この頃です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |