FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

ストーブが・・・

先週の木曜日の夜、テレビニュースを見ていたら、
「厳しい冷え込みのため、水道の凍結にご注意ください」
というテロップが流れました。

だいたいマイナス20度を超える時に出るテレビのテロップで、
それを見ていると「ちょっと冷えてきたなぁ」と感じました。
そしてストーブを見ると、なんと消えているではありませんか・・・。

エラー表示
(エラー表示)

私たちの生活空間の生命線であるこのリビングのストーブが消えると、
私たち夫婦はこの古い建物の中で凍結してしまいます。
ちょっとオーバーですが(笑)、でも冗談ではなくて、ホントの話しです。

何度も着火を試みるのですが、エラー表示が出ます。
しかも「灯油切れ」のエラー表示なのです。
2日ほど前に外のタンクに入れてもらったばかりなので、
「灯油が高いから、盗まれたか?」と外へ見に行きましたが、たっぷりでした。

もう夜も10時を過ぎているので、業者への連絡は明日にし、
教会に2台あるポータブルのストーブをリビングに持ってきて、
部屋の気温をとりあえず20度ぐらいまであげました。
そして速攻で布団に入って寝ました。凍らないように祈りつつ。

ポータブルストーブ
(ポータブルのストーブ)

ここまで記して気づいたのですが、
寒くない地方の方々へ説明が必要でしょう。

灯油ストーブには、私の知る限り大きく2種類あります。
1つはポータブルタイプで、ストーブ内部に灯油タンクがあります。
昔なら火はマッチで、今は電池があるのでスイッチで火がつきます。

もう1つは移動できない据置型のストーブです。
灯油タンクは外に大型のものがあり、自分で給油する必要はありません。
(外のタンクには、業者に頼んで入れてもらいます)

旧式のものは煙突で排気し、最近のものはFF式と言って、
(Forced draft balanced flue:密閉式・強制給排気形)
排気口が壁の外にあり、基本的に換気の必要がありません。

メインストーブ
(我が家のメインストーブ。後ろに外とつながる給排気口があります)

ただし何年かに1度は、分解掃除をしなければいけません。
北国のメインは、このタイプですね。

いちいちストーブ1つ1つに給油していると大変です。
せっかく暖めたのに換気するのも大変です。

ただ停電になってしまうと、スイッチが入りません。
また今回のようにメインが故障した時のために、
ポータブルストーブがあることは備えになります。

その後、ストーブはどうなったのか、
長くなったので続きはまた明日にしとうございます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |