FC2ブログ

北の大地で 星を数えながら

~日々の出来事や感じたこと、聖書の言葉など 小さくても星のようにキラリ☆光ることを 分かち合えればいいなぁ~

北から南へ

沖縄にあるN教会が新しい会堂を建てられ、
その献堂式が昨日の祝日に行われているはずです。
早くにご案内をいただいていました。

神学生の頃に訪れたことのある教会ですし、
沖縄教区にもお世話になりましたし、
またY先生と神学校を2年間ご一緒していたので、祝電を送りました。

祝電と言っても郵便局からのもので、
もらってきている用紙に文面をパソコンで打ち込みました。

web入稿の方がお得なようですが、
出来るだけwebでのカード払いを避けています。

レタックス

式の中で披露されることを期待していないので、形式的な祝電ではなく、
少しでも祝福の思いを届けたいと願い文面を綴ると、
けっこう長くなってしまいました。

ご献堂、おめでとうございます。
 沖縄ではヒガンザクラが満開でしょうか。ロシアから大きな流氷が流れ着くオホーツク海沿岸、マイナス20度の北海道・北見から、お祝いの言葉をお送りします。

 今から13年前、神学生として沖縄巡回で御教会にお世話になりました。礼拝や祈祷会、子どもの特伝をしたことをよく覚えています。特にハシゴにのぼり、ペンキで教会の名前を塗っていた時、2階におられたおばあちゃんから窓越しに「サーターアンダギー」をいただいたことを懐かしく思い出します。沖縄県民の大らかさは、主からの賜物ですね。

 北海道に馴染みのあるY先生が沖縄で、本部町出身の祖父をもつ私が北海道で、それぞれ主の宣教に携わっている不思議を思います。O先生ご夫妻と教会員の皆様、そして沖縄教区の祈りの中で建てられた新会堂で捧げられるペンテコステの礼拝を通して、沖縄県北部の地域の多くの人々が主イエスに出会い、ますます主の御業が前進していくことを、北の果てからお祈り申し上げます。


もうちょっとヒネリが欲しかったのですが、
私の頭と心ではこの程度が限界です。
とびっきりの祝福を祈りつつ♪

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北見情報へ
にほんブログ村


日記 |
| ホーム |